2016.05.07


コパノリッキーがきれいに押し切りました。

久しぶりの悪友と現地観戦でした。かしわ記念は車で向かうことが多いのですが、例年の連休と違ってスムーズなアクセス。ららぽーとの駐車場内でちょっと時間がかかったくらいで、連休終わりの渋滞には全く遭遇しませんでした。たいがいはららぽーと周辺が脇道も含めて大変なことになるんですけどね。対照的に場内はだいぶ混雑していたような。公式発表を探し損ねていますが、実際の来場者数が多かったのならよい傾向ですね。

レースのポイントは1コーナーまでの入り。敢然と逃げたソルテをやり過ごしながら、1頭分外に張り出しての2番手を取ったコパノリッキー武豊。これでペースに対する牽制を効かせました。ソルテがスローに落とすなら捲り気味に進出できますし、ハイペースなら控えて単騎2番手でもよいでしょう。3番手以降は天皇賞を逃げ切ったジョッキーのペースを崩しに行くリスクを負うわけですから、相応の条件下でないと交わしにいけないですよね。

ベストウォーリア戸崎がこれを阻止する動きを見せていました。ソルテが先頭に立った直後、内を締めに行っています。シンプルにコパノを内に閉じ込める判断だったように思っていますが、それより一瞬早く、ハッピースプリントをパスした武豊が1頭分外のスペースを確保。ここがこのレースのハイライトであったでしょう。個人的には逃げても控えても、コパノは他馬に牽制される厳しい展開になると思っていたんですけどね。

公式レースラップです。
12.7-11.9-12.6-12.3-12.4-12.1-12.5-12.7

一昨年のラップとの比較は、斎藤修さんがnetkeibaのレース回顧できっちりされていますのでそちらを参照いただくのがよいかと(有料かな)。ポイントはどちらも平均ラップであることと、当日の馬場がかなり時計を要していることでした。個人的にもひとつ前のレースで砂が深めで埃が舞うコンディションを見て取ってはいました。パワーが要る、フェブラリーSのそれとは逆、という認識。モーニンに?をつける必要がありそうと思うに至ってはいました。そこは活かせたんですけどね。

あとは悪友が恨み言のように繰り返していたのですが(まぁうるさいくらいw)スパイラルカーブであること。4コーナーがタイトになるんですよね。それも合わせて、ノンコノユメが差し切るには難しいロケーションではないか、という見解も事前にはもっておりました。1、2番人気を疑うところまでは合っていたようなんですけど、そこからでしたねw

ソルテの出来のよさを、もうひとつ道中のペースが上がる要因と捉えて、ひとつ後ろから差してくるサウンドトゥルーへの期待に変換したのですがさすがに考え過ぎでございました。えぇえぇ、大野の判断もサウンドトゥルーの差し脚も確かなものではあったと思っています。大野は脚を取られていたとコメントしていましたけどね。

ソルテは馬場もマッチしたでしょうが、積極策も嵌った格好。個人的には吉原の警戒感が積極策を生んだように思っています。かたや、ホッコータルマエが絡んだレースでは共倒れのケースもありますがが、単騎で行かせた場合のコパノリッキーのしぶとさについて。こなた、先手を取ったときの武豊のラップメイクの巧妙さについて。この人馬の力の発揮を牽制するために逃げの選択をすることは妥当な範囲内でありますよね。

もちろんモーニンの追走やノンコノユメの追い込み、これらへの牽制も考慮していたことでしょう。そうして現れたのが先手を奪っての平均ラップでの粘りこみ、というパフォーマンス。…これを事前に読めないとダメなんですけどね。吉原という騎手の戦略と気概、しかと受け取った次第でございます。


ブルーコンコルドが亡くなったこともあり、前日に当時のかしわ記念の映像を振り返っていたのですが、逃げも追い込みも難しいロケーション。アジュディミツオーの逃げ切りも諸条件がうまく噛み合ったように感じましたし。そうでなければ好位の内か、そのひとつ外か。4コーナーまで内ラチに沿いながら逃げ馬を射程に捉えているポジショニングができること。勝ちポジ的な発想になりますが、これが勝利への近道だなと感じてはいました。…馬券に活かしたいですねw 来年、頑張りますw



最後に。

…と書いてから長くなる傾向がございますねw

交流G1の投稿でもありますし、ブルーコンコルドの訃報に触れておこうと思います。

血が残せなかったことも含めて残念ではありますし、思い入れもあるのですが、自分の競馬の端緒であるフサイチコンコルドへの思い入れとは別、と理解をしています。

適した例えであるかわかりませんが、世代がそっくり入れ替わっていれば甲子園の常連であっても別のチーム(甲子園の場合は指導されている方の交代が大きいようですが)という理解をしていまして。それに近い感覚をもっているんですよね。確かに思い入れるきっかけは父フサイチコンコルドではあるのですが、ブルーコンコルドへの印象形成、お付き合いの仕方はあくまで父とは別、なのですね。

個人的にハイライトは、勝った東京大賞典とヴァーミリアンの2着だったフェブラリーS。東京大賞典は距離実績から評価が上がっていなかったという認識ですが、それまでのレース振りや相手関係から、溜めて切れるなら勝機アリと読んでの本命視。ズバリでしたね。こういうときにはフサイチコンコルドに感謝していたりするんですけどねw げんきんげんきんw

フェブラリーSは府中で勝ってほしいという願望込みでの本命視。ヴァーミリアンのマイル適性が疑われていましたが、こちらはがっつり返り打ちにあう格好でした。

南部杯3連覇も含めて、Racing Viererで映像を振り返って懐かしむ時間はなかなか。GWでないとそんな余裕なかったでしょうからね、悼むという観点で悪くないタイミングであったのかもしれません。どうぞ安らかに。



さて、NHKマイルC。多士済々という報道にもなってはいますが、クイーンCの圧倒的なパフォーマンスをルメールに再現してほしい願望が少なくなくございまして。そういう期待でみる競馬もわるくないかなと思っているところです。所用で当日の馬場状態が確認できなさそうですので、事前に決め打ちするなら、という背景もありますね。もう少し逡巡してバシッと仕込んでおこうと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/911-9994d883