2016.05.08


スマートオーディンがキレキレでした。

スタートからの所作で、戸崎がポジションを求めていないことははっきり分かりました。待機策から3コーナー過ぎの下りでペースアップ。アグネスフォルテが10.8の強いラップで抜け出しているんですけどね。これをゴール前で捉えました。京都外回りの400-200ですので、上がり3ハロンはもう少しなだらかなラップ推移かもしれませんが、スローからのキレではひとつふたつ上ですね。

公式レースラップです。
12.4-11.1-12.6-12.3-12.4-12.3-12.8-12.2-11.8-10.8-11.9

3着のロイカバード池添は手応えが違いすぎるとのコメント。8着ゼンノタヂカラオ川田がコメントしているように良とはいえ緩い馬場に各馬てこずっていたようです。直線入口での芝の跳ね上がり方がそのコメントの裏づけになりますね。映像で確認してみてください。ロイカバードはこなしていたように見えましたけどね。

スマートオーディンは中距離をメリハリつけて走りきれるようにチューニングされている様子。テレ東の中継では松田国英調教師がダービーへの想いを端的に語られていました。府中マイルへの適性よりもダービー、なのですね。いわゆる松国ローテが象徴的ですが、信念といいますか理想といいますか、実現したい在り様に向けて馬を鍛えるタイプのトレーナーであることに変わりはないようです。おそらく門下生のトレーナーの方は、この愚直な理念に自分なりのバランスを見いだしながらそれぞれの方法論を探っているのでしょうね。

ダービー前後での故障だけは起きてほしくない、のは関係者もファンも同じでしょう。スマートオーディンはこれから、その繊細な時期に突入します。父ダノンシャンティの時は激しく残念でしたからね。当時の記事を引っ張り出しておきましょう。まずは無事に。
more than a DECADE ダノンシャンティ出走取消



閑話休題。

金曜に武豊展に足を運びました。30周年の展示も観に行った記憶がありますが、やはりといいますか、ダービー制覇時の鞭がまとめて展示されていたり一般の方でもわかりやすい内容になっていましたね。打ち立てた記録がパネルで一覧されていましたが、こうまとめると記録尽くしの凄さを再確認できます。周辺を取り巻く価値も含めて、島田さんの視点を参照いただいた方がよいかもしれません。
武豊展を見て - netkeiba.com

気づいた点をちょこっとだけ。重賞記録のパネルについては、完成後にアンタレスSと天皇賞(春)を制していますので、集合写真に参加できなかった生徒感満載の追加パネルで対応されていましたw 現役のレジェンドならでは、ですね。

場の雰囲気に飲まれたわけではないのですが、ターフのヒーロー18を購入。いや、ヤバイですって。海外、交流重賞を含めて、2015年までのG1勝利レースがすべてノーカットで収録。2000年くらいですと海外主要G1だけのDVDも発売されていましたが、競走馬ベースのDVDですとたいがいの海外のレース映像は割愛されていますので。本当は負けたレースもガンガン収録してほしいんですけど、さすがにそこまではコンセプトから外れてしまいますか。でもこれだけまとまって観ることができるのは貴重、ということで購入いたしました。

Gallopでは三越伊勢丹HD社長さんとの対談が収録されています。とにかく「足を運んでもらうこと」が大事とのコメント。こうした展示をきっかけにされる方もいらっしゃるでしょうからね。ジョッキーやレースを深堀りするタイプのイベントではありませんが、こうしたパリッと正装するような競馬の見せ方も大事でしょう。あと2日と開催期間短めですが、是非。詳しくは調べていただきたいのですが、三越か伊勢丹のカードを提示すると、随伴1名まで無料のようですよ。
武豊展チケット



最後に。

NHKマイルCの馬券、すでに購入済です。今日1日の馬場傾向を見て、明日も晴れ予報であることを確認して、メジャーエンブレム本命にいたしました。

緑風SのサムソンズプライドやプリンシパルSのアジュールローズが見せた通り、内枠かつ好位で立ち回る馬にアドバンテージがありそうな馬場コンディションですね。坂下でアクセルを踏んでもゴールまで持ってしまうなら、クイーンCに近しい傾向と見て取りました。相手にはアーバンキッド、ティソーナ、トウショウドラフタ、イモータルあたり。内枠と先行力、鞍上を踏まえての選択。ここに外枠ですがストーミーシーを加えて何とかなるかなと。

プリンシパルSのボウマンは馬場のバイアスをしっかり捉えた騎乗と見えました。土曜の芝の騎乗を順に観てみたのですが、1戦ごとにポジションとペースと馬場コンディションに関する感覚を補正しているように見えました。直線のもたせ方が1日の中で変化している様子。個人的な受け取り方ですが、さすがだなーと唸っているところです。アーバンキッドも要注意、かもしれません。

なにより、メジャーエンブレムの出し切るところが観たいですねー。おそらくは録画で確認になりそうですが、楽しみにしています。


おぉ、明朝にせまったラニのケンタッキーダービーもどうなりますか。中継がないのが残念ですが、Welcome back, Sunday Silence となるのか(母父ですけど、十分でしょう)。こちらも楽しみです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/912-1ce2b46f