2016.05.17


ストレイトガール、連覇成りました。

いずれかが逃げてスマートレイアーが番手、隊列とペースの予想は合っていたでしょうか。本意かはともかくレッツゴードンキが先手と思っていましたので、レッドリヴェール石川のアクションには驚きでしたねー。

スマートレイアーのひとつ後ろ、内々じっとしていられる有力馬に重い印を打つつもりだったのですけれど、マジックタイムかルージュバックか、パドックの品定めではいずれも◎を託すには少し物足りなく映っておりました。結局外枠に目をつぶって仕上がりのよいショウナンパンドラ本命。いやー、勝ち馬は内のもうひとつ後ろでしたねー。目をつぶってはいけませんでした。

公式レースラップです。
12.3-10.4-11.1-11.9-11.5-11.4-11.3-11.6

全般的に速いラップ、これはもう馬場コンディションのよさが担保した数値でしょう。道中で最も遅い11.9はレッドリヴェールが控え、カフェブリリアントが一か八かハナに入れ替わるあたり。あとは流れたんでしょうね。馬場がもうひとつグリップを求める状態なら、ラスト1ハロンは12秒台に落ちていたかもしれません。なにぶん個人の目算ですけど。

ストレイトガールは五分のスタートから中団待機。直線に向いてまさしく真っ直ぐに進路が開いていました。あわてずに狙っていた戸崎はパワーで加速できる鞍下の特徴をよく捉えていたのでしょう。ヴィクトリアマイルを最も多く制しているフジキセキ、トモの容積があの爆発力を示している、でよいでしょうか。抜け出すまでの決め脚の差、スプリンターの加速が中距離チャンピオンの切れを上回った瞬間。典型的なコントラストであったと思っています。


2着ミッキークイーンはストレイトガールの進路をなぞりながらの加速。しかし突き放されてしまいました。パドックで見た馬体は仕上がり上々ながらもコンパクトなトモ。マイルでバンと加速するには?というシャープさを見て取っていました。だからこそ、逆ムチで肩ムチをビッと振り下ろしながら、浜中がミッキークイーンを馬群から叩き出したときは何ともいえない感覚に襲われましたね。

唯一、掲示板にのった5頭のうち、ボックス馬券から外してしまったのがミッキーでした。秋華賞に引き続き、また自分は本命の女の子を信じ切ることが出来ませんでしたよw いや、今回はしっかり見立てた上で評価を下げていましたから、反省よりは後悔が強く後残りしております。あの頑張りをちゃんと買いたかったなー。ごめんなさいw


3着ショウナンパンドラは外枠から伸び上がるスタート。トレーナーもジョッキーも、これで出遅れ気味になったことを敗因として上げていますが、個人的には4コーナーのコース取りが勝敗に大きく影響したように思っています。伸び上がるスタート→リカバリーのためプッシュ→内目のポジションはストレイトガールに取られる→4コーナーで外に切り返して距離ロス、という順序でスタミナとコース取りにロスがあったでしょうから、スタートの後手がずっと尾を引いた格好になったものと思っています。

末脚は一番キレていましたからね、この後順調なら宝塚記念で観られるのでしょう。楽しみが膨らんでおります。


スマートレイアーは4着。勝った東京新聞杯が典型的ですが、3、4コーナーで溜めが効くラップ構成。その条件があってはじめて勝負に関われると思っていました。無理にハナを狙わず、人気薄の馬が前に行くならスローで引っ張る流れに乗ることを考えていたのでは。先ほども書いたとおり、気性に逆らわずレッツゴードンキがその役目を負うなら面白いなと思っていたんですけどね。岩田→武豊の1、2番手なら誰も喧嘩しに行かないでしょうから。

結果は14着でしたがレッドリヴェール石川はよく押し出していきましたね。近走のパフォーマンスと初ブリンカーから、メンタルに対する配慮と極端なポジションをイメージしていましたが(一番前か一番後ろ)、まさか前だとは。スマートレイアー推しの方は特に、相当邪魔された格好になりましたが、相手関係、出て行った際のペース、次につながる内容、スタートの巧拙、なにより鞍上の気持ちの強さ。破綻なく、よく先手を取ったなー。石川裕紀人はしっかり評価しないといけないですね。


ルージュバックは5着。やはりもうひとつ足りませんでした。中山牝馬Sのパフォーマンスから、落鉄を割り引いてもG1で本命視するにはスタミナに少し底浅さを感じていまして。ラスト1ハロンでグッと抜け出した上位馬との差、残念ながら見立てていた通りでした。中山牝馬Sの投稿では予言めいたことを書いていましたよ。

ヴィクトリアマイルへの期待でいうと1歩後退でしょうか。ミッキークイーンやストレイトガールのパフォーマンス次第ではなかなか難しい予想になるかもしれません。それはそれで楽しめるかな。


…スロー寄りの展開を想定していましたので、迷って迷って複勝を購入しましたが、単勝が3着で複勝が5着ですから、展開予想からキレイにずれていたようですね。



話は変わって、久しぶりの会合について。

1年ぶりにレッドリヴェールの一口オーナーさんと府中で合流。上層階のレストランでメインレースまで積もる話をしておりました。密に連絡を取ってきたわけではないのですが、思いがけず前向きな近況報告が聞こえてきまして、何ともいい会食でございました。詳しくは控えますが、ああやって水を向けられると人生の先輩面せざるを得ないじゃないですかw 半分はそんな役割を自認しつつ、ご迷惑にならない範囲で自身の経験なぞ語ってしまった次第でございます。

少し競馬はペースダウンするようですが、あくまで趣味ですからね。マイペースでよいのかなと。あ、でもちょっとブランクが空いた時に楽しそうなTwitterのTLを見るとうらやましくなっちゃうよね、とかw

レース直後はストレイトガールそっちのけで、二人で石川を褒め称えておりました。あーいや、こちらは単純に石川の気概と技術に感嘆していたのですが、一口持って見守り続けた立場からはきっともっと得がたいものに見えていたでしょうね。比べるべくもないでしょうか。

レース後はこちらの酔狂につき合わせてしまいました。府中駅近の競馬Barへ。オリジナルのレッドリヴェールカクテルをつくっていただきましたよ。まぁやらしいw こちらは後悔を癒すヴィクトリアマイルカクテル。そして石川すげーの繰言を連発するのんべえと化しておりましたw 楽しんでいただけたかな。次の機会はわかりませんが、時期を定めず、またきっと。時間と気持ちを費やすべきところを見つけていますからね。



最後に。

馬券は当たったり外れたりですが、今春の府中の馬場傾向はなんとか捕まえている模様。ダービーまでグッドコンディションのままでいてほしいものです。これからのオークス、ダービー、安田記念。やっぱりいい条件で見たいですからね。

そうそう、ヴィクトリアマイルのひとつ前、パドックに張り付いていたため観なかった青竜S。グレンツェントとアルーアキャロルのマッチレース。すばらしかったですねー。ルメールと大野の駆け引きも面白かった。

ラニの遠征、スマートシャレードの早逝でダート戦線はゴールドドリーム、ストロングバローズあたりが有力なのかなと思っていましたが、これで混戦になってきたでしょうか。高いレベルでの凌ぎ合いは望むところ。ユニコーンSも楽しみになってまいりました。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/914-205675dd