2008.10.21
…小島調教師のブログが大変だったらしく。

秋華賞のエントリー。賞金の都合、
プロヴィナージュの出走によりポルトフィーノが除外された件で
調教師のブログに書き込みが殺到したようです。
なかにはドイヒーな内容もあったようで…。


基本的に、こういった掛け合いに対しては静観するスタンスです。
何が正しいか、ではなく、渦中の当事者に対する一定の配慮のつもりです。

こんな書きなぐりをやっている人間がいうのもアレですが
ケイバのすべての事柄に対して、リアルタイムで意見表明することが
必ずしも正とは思っていないためです。
(だから競走馬の死の話などは、十分言葉を探してから書き込んだりしています)



レースの結果がでた後、件のブログを読み、書き込みにも目を通してみました。
ひと段落しているようでほっとしています。

ひと段落したようなので、一連の流れについて
その感想を列挙しておきますね。

 ・小島調教師はルール通りの対応に終始している。この点に問題はなく。
 ・ポルトフィーノは賞金不足で、除外されてもやむを得ない立場。この点にも異論なく。
 ・強いて言うなら小島調教師には、出走決定まで「出否未定」とだけコメントしてほしかった。
    └ 対マスコミという点でも、他陣営への配慮という点でもベターかと
    └ どちらにしても賞金上位=決定権があるのですから
    └ ポルトフィーノの動向も、上村に決まりかけたユキチャンの鞍上も
    └ プロヴィナージュ待ちなら、「流動的」という報道以外とる術はなく
    └ 言葉足らずが原因ではない、と考えます
 ・ブログのコメントが多過ぎですよ。
    └ G1を控えた調教師が目を通すという状況に配慮する気持ち、とか
    └ ケイバが好きという気持ちから書き込むなら、なおさら
    └ いったん言葉を飲み込むとか
    └ ないしは別の場所で意見表明するとか
    └ 断じて、余計な意見を言うな、ではなく
    └ 関係者の善意に素直に甘えすぎでは、ということ
 ・レースの結果。
    └ 抽選と除外の件とはかんけーなしです
    └ 結果がでない→なぜ出走させた、というような理屈はやめましょう
    └ 「着順云々についての批判は甘んじて受けましょう」なんて言わないでください
    └ 当事者にそんな意見を言わせてしまう流れも寂しく…
    └ そういうケイバは楽しいかなぁ
 ・小島調教師のコメントは、終始真摯でした。
    └ あくまで管理馬の状態を優先するスタンス。お見事でした。



最後に、このいきさつに「関わりなく」思うこと。
秋華賞でのポルトフィーノ。見たかったです。
どんな走りだったでしょうね。

このイメージが次につながるのも、ケイバの楽しさと心得ています。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/92-1b0cda6b