2016.08.08


グレンツェントがきっちり捉えました。

ケイティブレイブの単騎逃げが明らかになるのを見届けながら、戸崎はしっかり手を打っていた様に見えました。

先行馬の勢いを見ながら、負荷を少なくしながらの前めのポジショニング。前走のユニコーンSで後ろ過ぎた反省が陣営にはあったようですし、まして新潟ダート1800で1番人気の武豊が逃げますからね、そりゃあ射程圏内を意識して前々で運ぶことが前提になりますね。また1~2コーナーで最内にいれなかったこと、ペースが落ちてくる2コーナーあたりからひとつポジションを上げにいったこと。武豊のラップメイクをある程度予想していたからこその動きとも受け取れます。

それでもケイティブレイブのもろもろのアドバンテージは大きいと読んだんですけどね。ゴール前、思った以上にしっかり捕まった格好でした。これは勝ったグレンツェントと戸崎の運び方を褒めるべきでしょうね。何か今年の産経大阪杯によく似ている気がしています。

公式レースラップです。
12.5-11.0-12.1-12.6-12.5-12.6-12.5-12.1-12.7

きれいなラップですねぇ。これで粘りきれなかったわけですから、ケイティブレイブは現状では力負けといっていいのでしょう。気持ち時計のかかる馬場と見てはいるのですが、それも折り込んでの鞍上のペース配分でしょうからね。

兵庫チャンピオンシップではユニコーンS勝ちのゴールドドリームに先着していますが、深くて小回りのダートですから東京1600とは逆の適性。ゴールドドリームにマイナスが大きかったと考えると、兵庫のパフォーマンスで即抜けた存在とは言い切れない、…というあたりはジャパンダートダービーですでにわかっている話ですね。

そうですねー、レース回顧からは外れますが、兵庫を勝つとこの時期の同世代では数少ないダート重賞勝ち馬と呼ばれてしまうんですよね。この選択肢の少なさは改めて検討してほしいポイントと思います。バルダッサーレのような、制度上ある意味やむを得ない(オーナーはしっかり狙っていたようですが)移籍による活路、といった動きがもう少しきれいになると面白さも増すでしょう。ジャパンダートダービーという目標に至るまでのローテーション、ダート路線も整備されてほしいところです。

グレンツェントの青竜Sでのパフォーマンスはよく覚えていましたので、折り返しの馬単でなんとか的中。改めて、アルーアキャロルの戦線離脱はもったいなかったなぁと思いますね。ラニ、アルーアキャロルがいたら、ジャパンダートダービーの質はけっこうかわったかもしれませんね。

今秋のチャンピオンズカップでグレンツェントがどこまでやれるかはまだなんとも。秋緒戦がどこになるか、楽しみにしたいと思います。



小倉記念はクランモンタナ。

和田のファインプレーといいますか、追いっぱなしといいますか。勝因は追いっぱなしでよいのでしょうw 特に直線の追い方、かかとを上げ、かなり前めに体重をかけて、腰を入れて速いピッチで追うアクション。すごかったですねー。自身が馬の首の筋肉を肩代わりするようなカラダの使い方、とでも表現すれば適当でしょうか。勝ち方を観る限り、これが必要だったのでしょうね。

公式レースラップです。
12.5-11.7-12.0-12.5-11.8-11.8-11.6-11.7-11.8-12.6

地味に効いていたのは1コーナーの少し手前、ちょっと外にハンドルを切って逃げるメイショウナルトの真後ろを外し、後ろにいたテイエムイナズマの進路を切ったこと。これで2番手での追走がほぼ決まりました。あの追っ付け方ですから、他馬に前にはいられる可能性が明確に消えたことはよかったのかなと。

比較的速いペースで流れたこともプラスに働いたでしょうか。2~4着は待機勢ですので、自身の息の長さを活かしきった運び方になったのでしょう。それを引き出そうとしてしっかり引き出した和田のファインプレーでいいのか、やっぱりw

ベルーフは気性と脚質から、こういう惜敗が続いてしまいそうな予感。ダコールは早め抜け出しを避ける意識が敗因でしょうか、マーティンボロをパスするタイミングが時遅しでした。エキストラエンドは直線だけに賭けての3着、これは浜中の狙いであったでしょう。

気になるのはサトノラーゼン。ダービー2着の実績が重くのしかかるような敗戦でした。なんといいますか、ギアがあがっていないといいますか、ワンペースでフィニッシュしてしまった様子。岩田の乗り方がどうこうではないように思っています。しばらくもがくことになってしまいそうですね。



最後に。

オリンピックも甲子園も始まりましたので、なかなかテレビをつけている時間が長くなっております。アスリートのピーキングについてエピソードを聞きながら、そういえば競走馬のアスリート感も増したのかなー、などと思っていたり。たとえば条件馬とG1を狙う馬では仕上げ方は異なるでしょうし、モーリスのローテーションと鞍上のスイッチあたりは目標に対する準備(=ピーキング)と受け取れば納得するところかな、とか。

地上波だと選手の心情やご家族など、取り巻くストーリーにフォーカスした紹介になりがちですが(ちょっと過剰かなとも)、こうしたピークに向けてどんな準備をしてきたかを少し突っ込んで解説してくれると見方も変わりますよね。充実した解説があるとより楽しめるなーなどと思って観ているところです。…昨今の競馬中継へのけん制、になってしまうかしらんw

まずは夜更かしし過ぎないようにしないといけませんね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/928-ed62d23d