2016.08.27


マカヒキ、調整は順調のようですね。

アムステルダム経由でシャンティイに到着。直行便ってなかったんでしたっけ。長旅になった分が心配でしたが大きな影響はなさそう。日本での調整はうまく進んでいたようですので、ここからですね。ニエル賞まで2週間ほどでしょうから、凱旋門賞もそろそろといっていいでしょうか。

帯同馬はマイフリヴァ?と思って検索。同じ厩舎同じオーナーでSmart Strikeの1勝馬。京都ダート1800で逃げ切れず 3着、という映像は確認いたしました。今年の出走実績がないので、調教パートナーというよりはダービー馬のメンタル面へのフォローという意味合いが強いものと想像しています。オルフェーヴルの時のアヴェンティーノのようであれば頼もしい限りですが、そのあたりの話がもう少し聞こえてくると素敵です。



レパードSの投稿から1週スキップしておりました。週1のリズムが崩れているのは4年に1度の祭典のせいでしょうw 熱戦が続いていましたからねー。個人的にはリオ>高校野球でしたが、夜行バスで大阪に繰り出したりシン・ゴジラを観に行ったり星空を堪能したり、競馬以外に費やす時間が増えていたのは確か。情報は追いかけているものの特に予想にかける時間が減っていました。

時間を割いていない分、細かい情報や精度のある見通しなどでわくわくできないのは確かなのですが、無理なく自然とシフトダウンした格好ですからちょうどいいのかな。関心の高さと生活の時間配分が比例していなくても大丈夫だったのはちょっと不思議な感覚でした。

夏にペースを落として秋に向けてピーキングしていくのもよいですね。…単なるファンも長く続けるとアスリート然とした境地に至るようですw



レース結果含め、気になったことをちらほらと。


遅ればせながらの関屋記念はヤングマンパワー。

戸崎の余裕はリーディングであることが好循環を生んでいる証拠と受け取っています。ニュース記事ではモーリス不在のマイル戦線の主役?という触れ方もありましたが、んー、今回の馬場とペースに適応できた、というところに留めておくのが頃合いかなと思っています。次走は富士Sのようですので、G1に向けての試金石になるものと思っています。

ダノンリバティが押し切っていていい展開。先行策は松若のいい判断でした。ただ、早めに目標(ロサギガンティア)の脚が上がってしまったことを敗因に挙げていまして、手の内を晒してしまうコメントとも、判断の甘さを吐露するコメントとも取れてしまいました。着差も着差ですし、残念です、だけでよいようにも思っています。



武邦彦氏、逝去。

今年にはいってから体調を崩されていたようで、ユタカは海外遠征を繰り返しながら気に留める日々だったことが窺えます。家族のサポートは様々ですからね、想像するばかりですけれども。

競馬を初めた頃に読み漁った本で過去の名勝負に登場するジョッキー。トウショウボーイしかり、ロンングエースしかり、キタノカチドキしかり、インターグシケンしかり。魔術師、名人、絹糸一本で馬を操る。…活字からはいったためでしょうね、こうした形容詞で語られることに特に違和感などを覚えることはありませんでした。リアルタイムで認識したのはオースミタイクーンのマイラーズCでしょうね。

「ターフのヒーロー」というユタカのDVDシリーズから、タケクニさんの調教師引退に合わせた回を引っ張り出してきて視聴。新鮮でしたね〜。2009年頃の発売で、その当時観ているはずなのですけどね。

DVDは父子のG1 を比較しながらコメントを重ねていく構成。まぁー、インターグシケンとスーパークリークの4コーナーはよく似ております。ユタカがレース中にインターグシケンを思い出したと話していますから、そりゃ似ても不思議はないのかもしれません。

どれだけ負荷をかけずに先行するか、がタケクニさんが価値をおくところだったようです。もう少し前に付けたほうがいい、と息子の騎乗にぼやいていることは以前から承知していましたがw 改めて映像で見るとそのポリシーがよく伝わってきます。時代が違うから、と前置きするなど、コメントの間合いやトーンの端々に息子への配慮も覗いておりましたよ。

ユタカの好騎乗は?と問われてめちゃめちゃ言葉を濁しながらも、最近では、と前置きしてメイショウサムソンの天皇賞秋を挙げられていたあたり、武邦彦の美意識が垣間見えたように思っています。戦術、戦略だけでなくオーナーとの関係性も含めて、ですね。

トウショウボーイは良馬場だったら強い、重馬場だとね、と鞍下の特徴を言い切ることは、その馬の評価を守ることにつながっているでしょう。正確な描写より価値を損ねないコメントの出し方、敗因を騎手目線の描写で柔らかくフォローするその佇まいは息子にも影響を与えているように思います。

いつか来る瞬間とはいえ、やはり残念ではあり。どうぞ安らかに、お休みください。



凱旋門賞へのプレップレース、というにはまだ先ですが。

英インターナショナルSをポストポンドが制して1番人気は譲らない格好のようですが、3歳馬にも英愛ダービー馬ハーザンドや、仏オークス馬で先日G2ノネット賞を勝ち8戦無敗のラクレソニエールなど、マカヒキのライバルとなる各馬も順調。キングジョージを逃げ切ったハイランドリールはBCともJCとも。凱旋門賞ではなさそうですね。

Racing UKが配信しているツイートとYouTubeを追いかけると欧州の主要G1はしっかりフォローできますからね。馬券も買えるようになりますし、何より追いかけるのが楽しい限り。ドゥラメンテがいたらなぁ、とは思いますけどね。キングジョージの結果を観たときはなおさら。ミルコがあの逃げをどう追い詰めたか。ねー。

ポストポンドとラクレソニエールは上記レースからArcに直行のようですので、マカヒキとは本番で初手合わせになるのかな。伏兵の台頭もあるでしょうし、まだまだ注視していきたいと思います。



ジョアン・モレイラ。やって来ましたね。

印象的だったのは札幌日刊スポーツ杯のウムブルフ。道中がっちり抑えられての追走。けっこうな逸る気持ちを、ムキムキな上腕と背筋でがっちり抑え込む姿は凄かった。口の中、血が滲んでいましたから馬が痛くて加減したかも?しれません。結果として3、4コーナーで進出する姿に勝利を確信できました。

しなやかさというよりパワーのコントロールに長けている、と評したほうがよいでしょうか。馬のパワーの出し入れもそうですし、自身の筋力の使いどころも。もちろんパワーだけではあのパフォーマンスにはならないでしょうが、強いフィジカルを兼備しているのは大きいですね。

今週のWASJ(まだWSJSの語感から抜け出せていませんねー)、昨年のイメージをスライドさせるのは安易と思いますが、楽しみです。あー、エスピノーザがパスポートなくさなければなおよかったんですけどねw



最後に。

迷っていたモーリスが、次走を天皇賞秋に定めました。つい先ほど復帰初勝利を飾ったライアン・ムーアを鞍上に迎えるとのこと。秋はそのあとの香港と合わせて、2戦。
今季で引退とのことですので、生モーリスは府中しかないか。エイシンヒカリ、ネオリアリズム、リオンディーズ、ラブリーデイ、リアルスティール、サトノクラウン。…書き損ねはあったかしらw 豪華な天皇賞になりそうです。

まだまだ暑いですし、引き続き台風の動向は気がかりですが、秋のローテーションが聞こえてくるとまたわくわく感が増してきますね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/930-9f498bd4