2008.10.28

終わってみたら一番人気。
上位3頭はまるでノーマークでした。はは。

ペースの読みが外れたのが大きいようですね。
途中からノットアローンとスマイルジャックがかかったことで
レース中盤、逆に他のウマがペースを上げませんでした。
1000-2000mのラップ、66.7秒って…。

スローの4ハロン上がり勝負は、イメージしていた
ダラッとした前がかり展開のスタミナ差し勝負とは
ずいぶん違っていましたね。
しかし、マイネルチャールズの折り合いを考えれば
道中が落ち着く展開も十分検討しなければ。


オウケンブルースリは
ジャングルポケットらしい勝ち方と思いました。
JCチャレンジは面白いですね。

スマートギアは瞬間的にスピードを上げる力はあっても
最後には息切れしていました。
中身がもう少しできてくれば、といったところでしょうか。

びっくりしたのは北村。
ダイワワイルドボアが直線の入り口でインをついている?
いつの間に関西のジョッキーになったのでしょうw
いやいや、あのイン攻めはお見事でした。



…やっぱりこの世代の芝路線は少し小粒かな。
ディープスカイとファリダットがどう出ますか。
世代トップの力比べはむしろ今週にかかっていそうです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/94-f2161add