2008.11.01

天皇賞のイメージ作りにあたり
府中の芝レースのラップ傾向について考えていました。


この開催、前が止まりにくいイメージはありました。
距離を問わず気になった芝レースのラップを調べていると
おおよその傾向が見えてきました。

600-400m、ちょうど直線に入ったところ、坂下の200mのラップが
レース後半で最も早くなっているケースが多く見られます。
例外は2歳のサフラン賞くらいでした。

加えると、800-600mのラップとの差が
大きくなる傾向もありました。

つまり、この開催の逃げ、先行馬は
3~4コーナーでペースを落ち着かせて、
直線にはいった時点で早めにエンジンをかけ、
その勢いで坂を駆け上がり、
残り1ハロンを粘りこむ、
という戦略をとっているようです。

この戦略を担保するのは、ラスト1ハロンを粘り込めるだけの、
パワーを問われない軽めの芝コンディション。
スタートから前々につけるジョッキーの意思。
そしてなにより、雨が降って馬場が荒れないことw



典型的と思えるのは先週の南武特別。
ドリームノクターンが逃げ切ったラップ構成は
上記の内容そのままでした。

これに対し横山は、前走後方に控えた1番人気ダイバーシティを
道中5番手に先行させました。
その上、ドリームノクターンより1秒以上早い上がりタイム。
それでも逃げ切りを許してしまいました。

道中のラップが緩みやすい中距離以上のレースは
前残りが顕著になりやすいようです。



そしてこのラップ構成は、開幕週でウオッカがとった戦略に重なります。
…逆か。武豊の戦略を、2週目以降
他のジョッキーが下敷きにしているのかもしれません。



んで、ようやく天皇賞。

このラップ構成を高いレベルで実現できれば
ダイワスカーレットのwalk over(1頭立て)になる可能性もあると思います。
松国流で死ぬほど坂路トレーニングをしているようですし。

一方、ウオッカにとっての理想は、好位につけることで
ダイワに理想のラップを「作らせる」ことでしょうか。
負けずにデキもよいようです。追い切りのテンションは理想的と映ります。

武豊と安藤勝己。どちらがラップ・イニシアティブをとるか。
そう考えるとかなりわくわくしてきました。



さて、四位はこの主導権争いにどのように参加するのでしょうか。
ウマのリズムを大事にするだけでは、今回に限っては
善戦どまりのような気がしています。

変則2冠馬がどんな勝負をするのか。
これからじっくり読みたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/96-8fc28830