2017.01.13


キタサンブラックでしたかー。

個人的にはモーリス推しでしたが、ジャパンカップを思い返すと、うん、納得ですね。

大阪杯、天皇賞春、宝塚記念、京都大賞典と、異なる条件下でパフォーマンスを上げながら強さを示してきたことがあのけん制の効いたジャパンカップを生んだと思っています。深追いしたら負ける、と他の人馬に思わせた、ということかと。

年間を通じてG1戦線の中心であり続けたこと、そしてG1を2勝かつ複勝圏を外さない安定感。…こうやって言葉にすると年度を代表するに相応しい表現になりますものね。おめでとうございます。不満はないですモーリスが獲れなくて残念なだけですw

「2016年度JRA賞」決定!年度代表馬はキタサンブラック号! JRA

2016年度JRA賞競走馬部門 記者投票集計結果 JRA


そのモーリスは特別賞。古馬牡馬ではキタサンブラックに、短距離ではミッキーアイルに、それぞれ及びませんでした。各部門賞を獲った馬の中から年度代表馬が選ばれるのが現行ルールですから、これで年度代表馬もなし。…結果的にグラスワンダーと同じ特別賞ですか。。。

安田記念を勝っていたら違ったのでしょうかねぇ。距離のカテゴリーに挑んで越えていく様、その間に勝ち損ねるG1が生じてしまっている様は祖父と孫で共通しているように見えています。チャレンジングな越境が公式かつ十分な表彰に至らないのは何とも。

せめて定義を明確にしたほうがよいのかなぁ。JRA賞のページには投票や選考の基準をはっきりと記載していないんですよね。例えば、中央競馬で開催されたレースを評価の対象とする、と定めれば、海外遠征した馬は予め評価の対象外になります。が。今度はその表彰にどんな意味が?となりますものね。しっかり考えるほど悩ましい現行ルールでありそうです。

伊吹雅也さんのツイートに興味深い提案が。「JRAのレースにおける年間の獲得賞金額でJRA賞を決めるべき」。なるほどですねー。毎年自分もグチのような意見を書いてきましたが、投票者の主観がどう重なるかという観点から離れない範囲で考えていました。これですと、賞金をみればいいだけですからね。
https://twitter.com/ibukimasaya/status/818765831261720578


個人的にはこれにアレンジを加えるとスッキリすると思っていまして。以下、僭越ながらいまいまの私案です。

・各部門賞はJRA所属馬のうち年間の獲得賞金額最上位馬(地方、海外を含む)、および該当するG1の最多勝利馬のいずれかから選出する
・獲得賞金はオープン競走の獲得賞金の合計で算出(地方、海外はどうしましょうね)
・短距離の距離区分は「SMILE」のうち「SM」と定義
・該当馬が1頭の場合は自動選出
・該当馬が複数の場合は記者による決選投票
・年度代表馬はファン投票(各部門賞とは別扱い)

以前から、最優秀であることと年度を代表することは別と思っていまして、それも含めた私案になっています。ファン投票はいろいろ工夫が必要でしょうけどね、理想ということで。

あとは該当馬なし。厳しい見解かもしれませんが、無効票や無投票の場合は投票権を失効するルールを追加したいですねぇ。

どんな独特な見解をもっているのかは興味ありますけどね(皮肉ではなく)。年度表彰の場面では競馬記者としての「経験」や「見識」を発揮して「その年の」最優秀馬を選出してほしいわけで、個人的な思い入れを表現する機会ではないと考えています。

…とまぁ、年季のはいったファンはこんな面倒なことを労を惜しまずまとめてしまいますねぇ…。よっぽどの矛盾が生じるなどしない限り、現行の基準は変わらない予感はしているんですけどね。うーむ、諦めごとはせずにグチっていきましょうか。

上記案、参考になれば幸いです。



最後に。

サトノダイヤモンドに66票。上位2頭からすると年度代表馬には見劣りすると思うのですが、個人的には気持ちはわかるなぁと。凱旋門賞に向けての期待値も込み込みの投票だったかもしれないですね。

ドバイミーティングの登録締め切りを待たず、キタサンブラックの春シーズン国内専念が発表されています。サトノダイヤモンドがシャンティイを目指すにあたって、どのタイミングでキタサンブラックとの再戦を迎えるかは結構重要なポイントになるかもしれません。

またあのびっちりマークする競馬が求められるなら、シャンティイへの準備として妥当な経験になるのか。…とても豪快に釈迦に説法でしょうね。それも踏まえて、シーマクラシックか大阪杯か。楽しみです。こういう一喜一憂なら歓迎ですね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/962-bb6f4057