2017.02.03


オールブラッシュの逃げ切りとは。

先ほどニュースの天気コーナーで、東京には3週間まとまった雨がない、というコメントが聞こえていました。映像で見れば一目瞭然ですが、パサパサの馬場。ミツバもケイティブレイブも敗因として挙げていましたね。通常の散水ではすぐに表面で乾いてしまうのかもしれません。

観月橋Sでブチコをパスし、後続を抑えきったオールブラッシュのイメージはストライドが伸びていないというもの。これだとクラスがあがるなり速いラップが求められたら苦しいかなー、などと思っていました。いやー、その印象論だけで止めてしまってはいけませんね。観月橋Sのラップはこちら。
12.2-11.4-12.4-12.4-11.8-11.9-12.0-12.6-12.7

中間が厳しくて、ラスト2ハロンをタフに凌ぎ切って、かつ1:50.0を切っていますからね。飛びぬけた1ハロンは刻めなくても、後半の厳しいラップを踏ん張る心肺はもっていたのでしょう。

川崎記念の公式レースラップはこちら。
7.3-11.1-12.4-13.6-12.8-13.1-14.1-12.0-12.9-13.1-12.2

14.1をマイペースに運んだ分、むしろ前走より楽だったかもしれません。このラップを許したことが2着以下の敗因でしょう。タイプは異なりますが、今後はクリソライトに似た戦歴になりそうな気がしています。いきましょう、コリアカップ。

ケイティブレイブは馬場状態と突っ込んだスタートからオーバーペースを嫌って下げた格好。あそこで行ききっていたら。おそらくは異なる負け方になったのではないかと思っています。古馬G1は初、ジャパンダートダービーと合わせて2度目のG1チャレンジですから、向こう正面の12.0から先の粘り込みを評価したほうが、今後の予想につながるでしょうね。馬体の完成まで、拙速なローテーションにならないといいですね。

サウンドトゥルーは安定感のある走り。よくもわるくも、という表現を足したほうがよいでしょうかね。脚質からどうしてもこうした勝ちきれないレースのほうが多くなりますね。ミツバがオールブラッシュを潰して、それにケイティブレイブが被せていく展開なら、それをまとめて差し切るイメージは沸きやすいですけどね。



最後に。

やっぱり平日のG1はリアルタイムで観戦が難しいですねぇ。馬場状態がわからない分、あらかじめ馬券を仕込むというのはリスキーというブレーキがかかりやすいですし。ちゃんとよそうに時間が費やせないのはやっぱり残念ですねぇ、という働き盛り世代の愚痴で終わらせていい問題なのかどうか。

今年ですとホープフルSの平日G1の話にもつながりますが、定年を迎えた世代と20歳以上の若年層(=当日観戦できる層)が買い支えてくれるという見通しなのかな。仕事していたら観れないですものね、12月28日。

日経の野元さんが馬主会のバランスについて記事を書いていましたが、サービスがこっちに向いていないなという感覚にお客様は敏感ではないかなと。有馬で締めるという「定番」な感覚にも水を差していますしね。あ、自分はなんだかんだで買ってると思いますがw

阪神JFと香港国際競走の丸被りについて武豊TVでちらっと触れていましたが、開催団体を越えて当日の番組に含めるような策が有効のように思います。土曜の11Rに川崎記念、ならじっくり検討できますしね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/966-9c3785a3