2017.02.07


ブラックスピネルが逃げ切るとは。

現地観戦でしたが、見たままのスロー。マイネルも控えるかぁと思って見守っていました。こうなると少しでも折り合いをつけることに注力した人馬はペースにスポイルされる格好になりました。エアスピネルしかり、プロディガルサンしかり、ブラックムーンもロイカバードもがっつりスポイルですね。どうやら東京マイル重賞では史上最遅の前半3ハロン。…最遅っていう日本語はなさそうですねw

公式レースラップです。
12.8-12.0-12.4-12.6-12.4-10.9-10.8-11.0

参考までに昨年の安田記念はこちら。
12.3-11.0-11.7-12.0-12.1-11.3-10.9-11.7

もちろん馬場状態の違いはありますが、同じ逃げ切りでもずいぶんタイプが異なりますね。前半をそれなりに流してセーフティリードを取ったのがロゴタイプですが、今回のブラックスピネルは前半を相当ゆっくりはいって、上がり3ハロンだけの勝負に持ち込みました。

スタートからデムーロの両足はだいぶ踏ん張っていました。かかり気味に二の脚を使ったことで、ダイワリベラルもマイネルアウラートも控える格好になりました。そりゃあのテンションを深追いしたら共倒れのイメージしか湧かないでしょうからね。

ヤングマンパワー戸崎の感度はよかったようです。先行争いの趨勢が見えたあたりでぐっとポジションを上げてきました。エアスピネルはこれをやり過ごす判断。結果論で語るのはアレでしょうね、どちらも勝負に対して賢明な判断だったと思っています。


プロディガルサン田辺は素晴らしい追い込みでした。あれだけ動かせるのは体幹をしっかり鍛えていることもあるのでしょうね(サラブレモバイルの対談で話していました)。それにしても上がり32.0って…。

パドックではプラス22kgには見えませんでしたが、もう一枚二枚絞りたいなーと思わせる仕上がり。いきなり仕上げきってこないあたりは好感を覚えつつも、今回は善戦どまりかなと思ってしまっていました。いやーあれだけ動けるとは。

このあとはどこが目標になるでしょう。今回でマイルをこなせたとはあまり言い切れないですよねぇ。個人的には大阪杯で見てみたいですが、もう一戦、適性を見極めたいですね。


エアスピネルは収穫の多い敗戦だったように思っています。期待値からしてショックとして受け止める向きもあるのでしょうが、マイルでの戦い方がおおよそ見えてきたのでは。個人的にはジェニュイン的なレース運びがよいように思っていますが、安田記念に向けてピーキングするなら大阪杯は避けてほしいかなぁ。



きさらぎ賞も少々。

アメリカズカップは盲点でした。ちょっと大き目のストライドと未完成のトモから、荒れてしまった馬場にてこずるのではと思って評価を下げちゃったんですよね。サトノアーサーを馬場起因で下げたのは合っていたのですが。

公式レースラップです。
12.9-11.6-12.0-12.5-12.6-12.4-12.2-11.7-12.2

溜めた割には上がりのかかるラップ。どうやらタガノアシュラは馬場が合わなかったようで、ラップを引っ張る存在にはなれなかったようです。この時点ですでに誤算しまくりなんですけどね。

サトノアーサーは早めに外に出して、極力コースを選んだレース運び。川田の判断自体は妥当だと思うのですが、相当馬が馬場にてこずりましたね。母父リダウツチョイスと合わせると、パワーがついてくることで中距離適性に疑問符がつくタイプになるかもしれません。

本命はダンビュライトでした。デビュー戦の不良馬場が評価をあげたのでしょうが、自分もまたあのイメージを払拭できていませんでしたね。おそらく道悪はそんなにうまくないのでしょう。ルメールが3、4コーナーで外を回さずに馬の間を割ったあたりはいろいろ試していたようにも思いますし(ブレスジャーニーにびっくりして寄れてましたからね)、結果と経験と、両方を求めた結果の3着だったのかなと思っています。

勝ったアメリカズカップは次が試金石と思っていたのですが、皐月賞直行という報道。またダービーまで松若で行くと明言もあったようです。若手がチャンスを引き寄せる場面は最近あまり見ませんでしたので、いい印象をもっております。ひともまた、結果と経験と。もちろん予想で重きを置くかは別ですけどね。



最後に。

どうやら今週末の京都が雪予報。相当にいたんでいる京都の芝ですが、ホントに降ったらこれが止めになってしまいそう。ダービー馬マカヒキと香港カップ馬サトノクラウンのマッチアップ、せめて今週の馬場状態キープでと思っていますが、心配ですね。マカヒキよりはミッキーロケット?みたいなイメージももっております。

あとはクイーンカップ。アドマイヤミヤビとフローレスマジック、これだけでも何とか現地観戦したいですねぇ。昨年のメジャーエンブレムも相当美しかったですが、今年は牝馬クラシックが相当面白い印象がございます。東京新聞杯よりスロー、という展開だけは何とか避けていただきたいですけどね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/968-f0bb5430