2017.03.10


ネオリアリズム、強かったですね。

逃げたロゴタイプ田辺はテンに突っ込まずにスローを演出。それに抗するマイネルミラノ大知がハナを奪うとこれを瞬時に追随したデムーロとネオリアリズム(内からパスしてましたね!)。役者がしっかり狙っていたからこその変則ラップだったと思っています。これは読みきれないですね。目まぐるしく、面白かったです。

公式レースラップです。
12.6-12.2-12.6-12.9-11.1-11.6-11.6-11.3-11.7

1.8差の加速ラップは珍しいですねぇ。ポイントは交わされたあとの田辺。いったん手綱を引いて単独3番手に収めました。マイネルは突っ込んだラップからなだれ込みを狙ったようですが、ロゴタイプは来られてしまったなりに直線に向けて段階的なシフトアップができていたようです。これ、すごいですよね。交わされた時点でレースにならなくなってしまってもおかしくないように思っていました。

4コーナーではネオリアリズムを外からけん制するような手応え。登坂しながら先頭に立つまではレースのイニシアティブを田辺が取っていたように見えています。何より、それを可能にしたのはロゴタイプの自在性。強みを活かしたレース運びになりました。

勝ったネオリアリズムは2番手に出てからいったん引く動作。4コーナーでの手応えはロゴタイプとは対照的でした。いったん進路を締められていますしね。そこから外に回しての追撃、これが伸びるんですよねぇ。札幌記念、マイルCSでは十分なスタミナを示したと思っていましたが、開幕週の中山で差しを披露できるとは。

ドバイターフを回避して、次走は大阪杯とのこと。キタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウン、ここにネオリアリズムが加わるのは非常に楽しみですねー。さらに金鯱賞からステファノスやプロディガルサンあたりが参戦してくれると充実感がございます。


その大阪杯に参戦するであろうアンビシャス。差し損ねてしまいました、という見立てです。中だるみの少ないラップを想定していたんですけどね。…それも田辺かな。1コーナーまでにマイネルとクリールカイザーをしっかりけん制していましたから。

12.9で手綱を引いてポジションを下げたところからの先行勢のペースアップ。ラストまで12秒が計時されない速いラップですから、ルメールは差しにくかったでしょうね。その難しさを感じている分、あまり悲観する内容ではないと思っています。まぁ、キタサンブラックを差せるかというと何ともですけどね。次走は福永に乗り替わるということで個人的にはしっかり複勝で押さえようかと思っています。シュヴァルグランぽいイメージかな。


2着サクラアンプルールは見事な立ち回りでした。横山、狙っていましたね。ペースに惑わされない後方待機、そのまま直線までインをキープしていました。あくまで人気薄だからこその騎乗ですし、嵌った側面もあると思っていますが、前2走のパフォーマンスがよかったんですよね。1600万下、オープンという戦歴ですが、中山1800、府中2000でともに好走。展開ひとつで上位争い可能と思っていました。

予想では▲という狙い方だったんですが、アンビシャスと組み合わせてしまったのがもったいなかった。ピッチの速さは半兄サクラメガワンダーと考えると納得。次走は大阪杯でしょうか。今後のパフォーマンスも楽しみです。



最後に。

ヴィクトワールピサあたりが端緒でしょうか、中山記念がドバイミーティングのプレップレースという意味合いを帯びるようになってきました。昨年はついに2冠馬ドゥラメンテが選択してきましたしね。昔々は先の目標が見えにくいG2という位置づけでしたから、ずいぶん趣きが変わったなぁという感慨がございます。

そして今年からは大阪杯の優先出走権ですよ。ますます意味づけが明確になってまいりました。ひょっとするとこうした波及効果で数年後にはG1に届くレーティングを確保してしまうかもしれませんね。大阪杯の向こう側にはレパーズタウンが見えるようになりましたし、ひとつ目標ができると、その周辺の価値観が動き出す様をリアルタイムで追いかけられるのはとても好感を覚える次第です。

その目標、G1大阪杯については、レースを迎えるまでに一度言葉をまとめておきたいと思っています。時間が許すかなぁ。勝手にいろいろ考えてしまっていまして。はい、頑張ります。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/976-1f0040d8