2017.03.12


トーセンビクトリーが綺麗に立ち回りました。

やっぱりスタートが決まるといろいろアドバンテージが増えます。それを招き入れる力があるのが第一人者の強みなのでしょうね。いったん先頭に立ってから逃げ馬をやって、好位の内をキープ。4コーナーではパールコードの外に予め狙いを定めての進路確保、外を回す差し馬を振り切る形でゴールですから、中山の中距離のお手本のようなレースでした。

いやーどうして最後に切ってしまったんでしょうw

公式レースラップです。
12.9-12.3-12.6-12.4-12.2-12.1-11.8-11.3-11.8

やっぱりテンは遅かったんですね。シャルールが先手を取りに行くかと思っていましたが、スタートで後手を踏んでしまったという理解でよいのかな?2、3完歩目にはひとつ内のトーセンビクトリーと随分差が生じてしまっていました。…この時点で自分の馬券は終わっていましたね。

11.3で勝負を決められるポジションとコース取り。これが可能だったのは1コーナーまでに好位の内を取ったトーセンビクトリー、という理解です。4コーナーでは外をぶん回した人馬はある意味スポイルという評価でよい、と思っています。

あー、デニムアンドルビーは脚質の問題がありますね。外枠スポイル、外差しスポイルとは異なる追い込みスポイルでよいのかと。力はあるんですけどね。スローのジャパンカップ2着馬、どこで嵌るでしょうか。

マジックタイムは中山記念のアンビシャスのような惜敗。ルメールの立ち回りは揶揄するどころか堅実かつ賢明と思われますが、勝ち切るにはポジションが苦しいなと。ノーカウントでよい、と思いましたがいやいやこれで引退だったというひとりツッコミ。ちょっと惜しいくらいが繁殖での期待も増すでしょうから。惜しいですけどね、お疲れさまでした。

ビッシュは直線入口に向けて大きく外へ展開。マジックタイムと鍔迫り合いを演じましたが、ここは馬格の差、筋肉量の差がでたでしょうか。五分に渡り合う流れはつくれませんでした。紫苑Sが鮮やか過ぎたかな。アレ以外のパターンでは勝負しにくいタイプかもしれません。少なくとも残り400-200の加速力勝負には向かないのでしょうね。筋肉量が増す、かなー。こういうタイプ、という理解でよいように思っています。

勝ったトーセンビクトリー。角居厩舎と武豊のコンビはエアソミュールの毎日王冠以来とのこと。そういえば王冠被せてましたねw 牝馬となるとウオッカまで遡るのかしら。あのヴィクトリアマイルは美しかったなぁ、などと春先のイメージが早くも広がっちゃっています。この後の目標はそのヴィクトリアマイルでしょうか。個人的には先輩と違って狙い方の難しい馬になりそうな予感がしています。

ヴィブロスがドバイからヴィクトリアマイルに向かう可能性を考えると、4歳世代、少々手薄でしょうか。その分、ここで惜敗した馬の巻き返しは十分念頭に入れておきたいと思います。パールコードの次走は気になりますね。



フィリーズレビューはカラクレナイ。

デムーロの思い切りの良さが上手く噛み合っていますね。はやくも今年の重賞6勝目。アネモネSのライジングリーズンともども、桜花賞の伏兵が続々と、というイメージで捉えています。例年ならもう少し評価も上がったのでしょうけどね。

公式レースラップです。
12.0-10.2-11.3-12.0-11.8-11.7-12.0

先行勢が大いに飛ばして前傾ラップを作りました。ちょうど真ん中で12.0のちょっと緩ラップが出現して、その後は11秒後半、ラストはレーヌミノルが粘っているところにカラクレナイの追い込みで12.0ですから、レース後半は前から順番にバテていく流れだったことが大きく読み取れます。

レーヌミノルは直線、大きく内に切れ込んでしまいました。前半をセーブした浜中の判断は見事でしたが、勢いがあった分、さすがにあれは危なく映ります。ジューヌエコールの可能性を潰してしまいましたからね。クラシックの権利取りの中であの所作ですと、被害馬の関係者、ファンは特に悔やみきれないでしょう。

アンカツツイートは一気に追うことはなかったとコメントしていました。気持ちの問題でよいのでしょうか。いずれにせよリーディング経験者に相応しく、俯瞰の効いたレース運びを見せてほしいと思った次第です。



金鯱賞も少しだけ。

ヤマカツエースが変則連覇という偉業?を達成しました。中京が得意なのか、金鯱賞が得意なのか、いずれにしても強さの光るレースぶりでした。左右を逆にすると中山、福島のアンジュレーションに近いイメージがありまして、中山金杯、福島記念、金鯱賞というタイトルは地続きという印象がございます。もちろんペース云々の異なる条件をクリアしている強さは感じつつ。

公式レースラップです。
12.6-11.3-12.6-12.2-11.7-11.7-12.0-11.9-11.4-11.8

ロードヴァンドールの逃げ、お見事でした。向こう正面入口あたりでパドルウィールに突かれる格好になっての11.7-11.7。ここをコントロールできればひょっとしたかもしれませんが、上がりのまとめ方を見ると、そのペースアップが奏功した面もありそうですね。変にスローを維持したら後続のキレに屈していたかもしれません。


プロディガルサンは好位を選択。1コーナーまでは上手くいっていましたが掛かったフルーキーがトリガーになったでしょうか、自身も行きたがる格好になってしまいました。同馬主ですからちょっとチグハグな印象もあります。

結果、ゴール直前で粘り切れずの7着でしたが、3着以降はハナ、クビ、ハナ、クビ、ハナですから、そんなに悲観することはないかもしれません。でもここで結果を出してほしかったなー。今後の目標、大阪杯か安田記念か。ここでの陣営の判断が肝と思っています。

ステファノス、ルージュバック、タッチングスピーチあたりは条件が変わっての巻き返しが大いにありそう。特にルージュバックはしっかり田辺に進路を締められていましたからね。最内枠がアダになってしまいました。このまま向かうならヴィクトリアマイルで上手く人気が落ちるかな。狙ってみてもよいかも、などと思っています。




最後に。

この土日は仕事のあれこれでまとまった予想はムリと割り切っておりました。レースもリアルタイムではなかったですし。年度末の繁忙もありますが、そろそろ来年度のことも考えないといけないですからねぇ。

この土曜で震災から6年。田辺の出したコメントがシンプルに響きました。「いつまでも引きずってはいけないけど、いつまでも忘れてはいけない。」自身が福島出身というバックボーンもあるのでしょうが、こういったトーンのコメントが競馬の世界から発信されることは頼もしく思います。
3競馬場で黙とう、田辺騎手「忘れてはいけない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

福島競馬場の再開初日に、現地観戦したのは自分なりのささやかな表現のつもりでした。深夜バスで向かって、早朝5時に雪のちらつく福島駅に降りた光景は印象深いですね。全くお店が開いてなかったので途方に暮れたのもよい思い出ですw

その日のメイン、福島民報杯はヒットザターゲットでした。いまいまの評価を得るずっと前、連勝で初重賞を勝つ頃ですね。昨日の金鯱賞で51戦目、まだ現役であることは素晴らしいなと。象徴的に捉え過ぎるのは少し野暮でしょうか。でも、どこかでもうひとつ。頑張ってほしいですね。
11R 福島民報杯|2012年4月7日(土)1回福島1日|JBISサーチ(JBIS-Search)


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/977-8099bb39