2017.03.20


ファンディーナ、大楽勝になりました。

いやー、先々が楽しみになりましたねー。同じ青鹿毛のせいもあるでしょう、戦前からシーザリオのイメージと重なっていましたが、それ以上の楽勝になったと思います。もう怖いのはケガだけでしょうか。ジェンティルドンナという先輩がいますが、ディープインパクトの代表産駒になりそう。この期待感が得がたいですねー。

公式レースラップです。
12.6-11.9-12.0-12.3-12.3-12.3-12.4-11.2-11.7

折り合いに自信があったのでしょう、1コーナーまでに2番手を取った時点で勝負アリでした。ドロウアカード武豊もけん制の効いたきれいなラップで逃げていたんですけどね、これを直線を待たずに掴まえる形になりました。レース後のインタビューでは「完歩の大きい馬なので」抑えなかったとのこと。中山のコーナリングがちょっとだけ心配でしたが(外枠引いた時点で心配なくなりましたけどね)、このあたりも鞍上のフォローがはいっていましたね。

直線は流す形でラスト1ハロンは11.7。走破タイムは前日スプリングSとコンマ3秒差、2歳王者サトノアレスと同タイムですから、ねぇ、牡馬と伍していけるんじゃないかと。桜花賞からダービーなら、ウオッカと同じ。今年の牡馬戦線のレベルなら、十分勝負になると思います。そういえば角居師も高野師も松国厩舎でしたね。野心的なチャレンジとなるでしょうか。

高野師は輸送、スタンド前発走、コーナー4つ、直線の坂をクリアできたとコメント。3戦のキャリアで概ねレースで経験すべきことをこなせたでしょうか。あー、速いペース、内枠発走、馬群で我慢など、まだまだありますね。それを踏まえての桜花賞、この春のG1で一番わくわくできるレースになりそうです。是非、全馬無事に。



スプリングSもいきましょう。

ウインブライトの差し切りでした。前走若竹賞が余裕残しのレースだったこと、ピッチ走法、折り合いに不安が少なめ、このあたりから予想の段階では有力視していました。アウトライアーズとの組み合わせは当然有力視していたのですが、買い間違えちゃったんですよね…。もったいなかった。

公式レースラップです。
12.6-11.7-12.1-12.2-11.7-11.8-12.1-11.8-12.4

サウンドテーブルがビッと主張し、かかり気味のオールザゴーが2番手。その外で完全にハミを噛んだモンドキャンノ。先行勢は直線を待たずに苦しくなったように見えています。粘りこみを狙ったプラチナヴォイスが直線早め先頭に立ちましたが、これを後方待機したのが1、2着。前から順番にバテていったレースともいえるでしょうか。

勝ったウインブライトは松岡がしっかりチューニングしてきた印象。ラストまでの脚色はイメージ通りだったでしょう。ステイゴールドの芦毛、という言い方ですとゴールドシップがイメージされますが、こちらは母父アドマイヤ小ジーンですからね。460kgの馬体はまだ線の細い印象。本番までにもう少しパンプアップしてくるでしょうか。

サトノアレスは首を下げたところでゲートが開いてしまった様子。その後軽くつまづく格好でスタートダッシュに失敗してしまいました。ただポジションを求める素振りがありませんでしたので、いずれにせよ後方からだったかな。折り合いを壊さないこともミッションのうちだったかもしれません。

このあとの目標は皐月賞?NHKマイルカップ?いずれにしてもあのポジションより前を取れないとしたら、相当苦戦すると思われます。…ダービーだけが狙い?かもしれませんね。

モンドキャンノはがっつりかかっての完敗。距離延長の希望が打ち砕かれる内容でした。NHKマイルも長いように見えますね。牡馬牝馬に寄らず、スプリント適性をもった馬にはこの時期、目標がないことも不幸でしょう。目標レースが距離延長を伴う分、スプリント寄りのトレーニングを存分に施すことができないでしょうから、これが日本でスプリンターが育ちにくい要因のひとつなのかもしれません。あー、ミスエルテもその対象に含まれるイメージですね。


一方で、若葉Sのアダムバローズは若駒Sより時計を詰めての連勝。最後かなり差し込まれましたが、ラップを見ると皐月賞で面白い存在になるかもと思い始めています。以下を2番手から押し切っているのは、侮れないかなと。
12.4-10.7-11.9-12.1-12.0-12.8-12.5-11.9-11.6-12.4



最後に。

毎日杯が残っていますが、概ね皐月賞の陣容がまとまってきましたね。スワーヴリチャード、カデナ、ウインブライト、アダムバローズ、ここに直行するレイデオロが加わる、と。…うーん、やっぱり抜けた存在がいないように思えますね。個人的にはブレスジャーニーのリタイアが痛かったなぁ。本番までの短期間でグッと変わってくる馬もあるかもしれませんが、ソウルスターリングが出てきたらまとめて負かしてしまうかもしれません。

3月後半から4月にかけての天候次第では、なかなか悩ましい皐月賞を迎える可能性も。多士済々とした桜花賞とは対照的に映っています。予想の面ではどちらも面白くなりそうに思っていますけどね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/979-02dcfbbf