2008.11.03
大国魂神社のすぐ横に「モナムール」というお店がありました。

どこか昭和のにおいのする、喫茶&イタリアン。
シアトル系カフェのざわざわした感じがなく、
天皇賞前に、落ち着いたランチを過ごしましたw

それがよかったのでしょうw
予想も当たり、名勝負を堪能できました。

そして帰りも「モナムール」w
しっとりとした雰囲気でケーキをいただきました。
写真はモナムールというケーキ。
上品なストロベリーでした。

モナムール

皆さんも府中へお越しの際は、モナムってみてはいかがでしょうかw





…ケイバの話をしましょうかw
天皇賞(秋)、現地へ繰り出しました。

パドックで最も気にしたのは、ダイワスカーレットのテンションでした。

逃げウマのテンションですから、ペースを左右しますしね。
レース後のジョッキーのコメントと同じく
「入れ込んでいる」ではなく「イライラしている」と見えました。

1ハロンでも力んで走ったときに後続のウマには
チャンスが広がります。

人気3頭は、早めの仕掛けをし、残り1ハロンを粘りこむ
地力勝負に持ち込むような展開にするはずと思っていました。
このブログで書いた府中の芝の傾向からしても、妥当な戦略ですし。
ダイワのイライラと力みは、その大切な最後の1ハロンの粘りを奪うと読みました。

馬体のハッピーな仕上がり!に感謝して
本命はウオッカ。
鞍上は、スタート後に外からかぶせて
仕掛けどころのイニシアティブを奪いやすいことも折り込んで。


人気馬のレース振りは、8割読みどおりでした。
歴史的な名勝負の展開予想、会心といってよさそうです。

なにより、ウオッカを信じてよかった。
安田記念では買い損ねたので、その分も取り返した思いです。


で、読みきれなかったこと、ひとつめ。
ウオッカがディープより後ろだったこと。
武豊はウオッカと喧嘩しないところで落ち着かせた結果、
ディープより前にいると見込んでいました。
しかし、これで四位に仕掛けどころを悩ませることはできます。なるほど。

読みきれなかったこと、ふたつめ。
ペリエがダイワのところへ遊びにいったことw
ゆるやかですが、確実にダイワを追いかけていました。
スタートでキングストレイルが張ることは想定していましたが、
このヨーロピアンな展開は読めなかった。
しかし、レースを壊さず、レースのレベルを上げた見事な援護射撃でした。


そしていい意味で読みきれなかったこと、みっつめ。
ダイワスカーレットの脅威の粘り腰。

ウオッカの仕掛けのタイミングは、くしくも
エアグルーヴの天皇賞の時と同様に見えました。

直線半ばで一気に相手を交わして、ゴールまで粘りこむ。
瞬発力で相手に勝るエアグルーヴの特徴を有効に活かす戦略。
今回のウオッカでも似たような発想で望むだろう、と思っていました。

最後の直線。その読みは現実になりました。
坂を上りながら、一気に先頭にたったウオッカを確認した時点で
「勝った!!」と思いましたよ。
だって完全に交わしてたじゃない!?

ラップは最後の1ハロン、直前のラップから1秒以上落ちています。
残り200mを切った時点で、人気の3頭はみんな前にいました。
ゴール前バテても交わされず粘りこめる実力と、それを担保する馬場だったのは確かです。
でも、ダイワに関しては、もうひとつ上の粘りでしたね。

全体的に緩まなかったラップ。ダイワはそのラップを最後まで作りました。
12秒のラップは最初と最後の1ハロンのみ。あと全部11秒台とは。

後ろから決め打ちしたカンパニーが蛇行しながら猛追してくると、
それをトリガーにもう一度粘ったように見えました。すげー。
瞬間的な加速力では見劣っても、
総排気量はウオッカよりダイワが上、なのでしょうね。


2センチの差は、あやといえばあや。
武豊は少しでも前でゴールするため、ウオッカの後頭部に手を添えて
頭を上げないようにしてゴールしていました。このあたりはぬかりなし、ですね。

現場ではターフビジョンでゴール前がリプレイされる度に
興奮をはらんだどよめき。どっちかわかんねぇー、的なアレです。
確定まで、ほんとに長かったw



ウオッカとダイワスカーレット、それぞれ年内はあと1戦とのこと。
今年はもう対戦はないでしょうね。
このまま決着がつかないまま、というのも美しいかもしれません。

ディープスカイは次走が楽しみになりました。
JC。メイショウサムソンが待っております。

ウオッカは、どうでしょう。確定的でない鞍上を含め
ファンには悩ましいJCになりそうな気がしています。




なお、モナムールは「Mon amour」。
フランス語で私の愛しい人、という意味だそうですよ。はは。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/98-821b6c59