2017.05.21


ソウルスターリングの巻き返しでした。

鮮やかでしたね。馬場のよさと鞍下のストロングポイントを生かすための、ある意味これまで通りの先行策。小細工しないルメールの胆力がよくわかるレースだったと思っています。いやー予想的には完敗でした。

公式レースラップはこちら。
12.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.6

ヤマカツグレースが行ききれず、前目のポジションを望んだ結果逃げることになったのはフローレスマジックですから、見た目にもわかりやすいスローペースになりました。戸崎は狙っていたようですね。

残り6ハロンから直線の坂まで、ずーっと加速ラップ。こうなると差し馬はこのペースを上回る末脚を見せる必要があります。相対的に「好位の内」を取った有力馬には相応のアドバンテージが生じていたでしょう。

一番トモの充実したFrankel が勝負どころからドンと加速した瞬間に勝負が決しました。モズカッチャンは切れ味で抵抗しましたが、ラスト1ハロンを切ってエンジンの差がでたでしょうか。

思えばチューリップ賞までは疑う余地の少ないクラシック本命だったわけで。スローからの加速を問われる流れなら、これまで示したパフォーマンスの延長で考えればOK。復権成っても不思議はありませんね。あのボリューミーな馬体でオークスかぁ、という思いがちょっとありはするんですけどね。いやいや、すばらしいパフォーマンスでした。

ルメールからすれば、母スタセリタの主戦でもあり、母仔で日仏のオークスを獲ったわけで。主戦場を移してなお、血統のつながりをもってそれぞれのクラシックを制することができたのは、ただただ素晴らしいのひと言。ブラッドスポーツならではのエピソードでもありますが、ルメールを語る際に象徴的なエピソードになると思っています。こういう信頼をつないだジョッキー、ということですね。

藤沢厩舎はオークス初制覇、そしてこれで通算重賞100勝の大記録。しばらくは破られないでしょうね。90年代から見ているファンからすると、嬉しそうに口取りに加わる師の姿がとても珍しく。以前はご自身のスタンス(照れもあったかしら)から参加しないことが多かったので。年を重ねたことが良い意味での柔軟さを生んでいるなら素直に歓迎したい姿ですね。


モズカッチャンはほぼフローラSの再現で2着。最内枠を引いたのも同じですから、戦略が近しいのは納得するばかり。よく抵抗していましたが、登坂後に突き放されてしまったのは相手が一枚上手というところでしょう。


アドマイヤミヤビはよく追い上げての3着。33.9の上がりはディアドラと並んでメンバー最速でした。桜花賞のダメージが心配されていましたが、追い切りを見る限り、少なくとも順調ではなかったと思っています。クイーンC当時と遜色ない切れだったと見ていますが、今日の馬場とペースでは後方から勝ち切るのは難しかったでしょう。


リスグラシューは5着。両サイドからぶつけられたというレース後のコメントがありましたが、前走同様、勝負どころの反応が微妙だったことで進路を確保できなかったようにも。なによりかなり細化した馬体と高めのテンションでよく善戦したなぁという見立てです。このあたりが順調に見えていれば本命視したかもしれないですけどね。武豊の追い切り後コメントがずいぶん歯切れが悪く。これも判断のポイントになりました。


鞍上のコメントの歯切れの悪さで言えば、レーヌミノルも同様でしょうか。立場的にどうしても明らかなダメ出しコメントは出しにくいですよね。距離について「やってみないとわからない」という表現を使った陣営は軒並み着順を下げている印象もあり(藤沢さんが発言していたらすみませんw)。緩急のないペースでこそのダイワメジャーと考えていましたし、人気を吸ってくれれば、というしめしめ感をもっておりました。


その自分の本命はホウオウパフューム。…すみません、こちらがいわゆる養分になった格好ですね。しめしめ感ってw お恥ずかしい限りです。

寒竹賞の末脚、そこからの成長曲線、スローを見越して先手を取りに行く馬の可能性(ヤマカツグレースとかね)、乗り替わりで松岡という流れ(乗り替わりの分、思い切りよく乗れますよね)、パドックでの仕上がり。この妄想を重ねた結果、重い印を打つことになりました。見え見えのスローにはならない、という先入観が過ぎたのでしょうね。結果、このペースに一番スポイルされる馬になってしまいました。フルスイングで空振り三振、という気分です。ええ。

松岡の運び方には何の落ち度もないでしょう。すばらしいチャレンジでした。馬自身もこれで終わりとは思いません。ぜひ今後も順調に。どこかで大成する姿が見たいと思っています。


なお、ヤマカツグレースは1コーナーまでに行ききれず、2コーナー付近で抑える素振りがありましたから、外枠が応えた格好。追い切りが抜群だっただけに、これも勝負のアヤですね。これが少し序盤のペースを味付けしてくれれば、とおもっていましたが、結果最下位ですからだいぶピントのずれた見立てをしてしまっていました。



最後に。

さぁ、ダービーウィークですねー。幸い週間天気予報をみる限りは曇りが並びつつも降雨の心配はなさそう。この馬場がほぼ維持されると見てよさそうです。

…差し馬には厳しいかな。ポテンシャルではアドミラブルと思っているのですが、脚質がなぁ。逆に好枠を引いたらダンビュライトあたりが逃げていてもおかしくないかも。

先週までは皐月賞との連動をあまりイメージしていませんでしたが、この土日の馬場をみてその可能性を感じ始めています。アルアインとペルシアンナイト、それぞれに合うかもしれません。あー、内枠を引いて中団あたりで溜めているレイデオロなら可能性があるかもしれません。

こうして言葉を並べてみるとダービーの予想、面白そうですねw
わくわくしながら一週間過ごしたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/995-b7eed984