2017.06.11


右前脚に熱があり、獣医の判断で取り消しとなりました。

JRAの発表はこちら。右前肢跛行と表現されています。
【2017ベルモントステークス(G1)エピカリス号が出走取消 JRA

Racing Post の記事はこちら。
Japanese raider Epicharis out of the Belmont Stakes | Horse Racing News | Racing Post

水曜の追い切り後に右前に熱をもったという報道が出ていました。陣営は最後まで出走の意思を持って対応していたようですが、最終的に向こうの獣医が判断を下した模様です。

萩原師は深刻な状態にはないとコメント、診断をしたスコット・パーマーはあと1週間あれば走れただろうというコメント。100万ドルのボーナスの可能性、数億に及んだであろう日本での馬券の売り上げ、今後の招致活動への影響。すべて重要な事柄ですが、馬のコンディションが優先され、ビジネスの都合、そのしわ寄せが馬への負荷につながらなかったことは健全と表現するのがよいでしょうか。

「The top priority is the horse.」というコメントが象徴的ですね。なにやらエンデュランスのチェックポイントが通過できなかったような印象もあります。賢明な判断があった、と理解すべきでしょう。とても残念ですけどね。


古くは、いや個人的にはまだまだ鮮明な記憶ですが、カジノドライヴもまたベルモントには辿り着けませんでした。改めて調べてみましたが、前日に発症した左後ろのざ石。JRA-VANの鈴木淑子さんの記事に行き当たったのですが、こうした時の期待のつなぎ方は今も昔も変わりませんね。
第4回 カジノドライヴの夢の旅はつづく|競馬かわらVAN|競馬情報ならJRA-VAN

そう考えると、昨年のラニは本当に価値あるチャレンジで、とてもタフだったなぁと改めて。調教助手さんのツイートから、当時の調整にはかなりご苦労されたことが窺い知れております。


馬券販売はもちろん継続。日本馬のスクラッチは想定された範囲のこと、でないと相当片手落ちですものね。日本馬不在でかつ各馬の情報、予想などが揃った海外レース。どんな売り上げになるでしょう。自分は、…素直にアイリッシュウォークライから行こうかなw


最後に。

エピカリスの今後。まだまだ気の早い話ですが、今年は国内専念してほしいかなと。しっかりカラダが出来上がってから、その頃には日本のチャンピオンでいるでしょうから、改めてチャレンジしてほしいと思っています。新潟、大井、中京、府中。単純に直接レースを目にしたいのが大きいですけどね。

最終的に、サンデーサイレンスの血をアメリカに還流できれば素晴らしい結末でしょうか。出走取消はその楽しみをつなげるプロセスのひとつと受け取っているところです。残念ですけどね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/999-120c8819