2009.09.12



サラブレモバイルの連載記事の話です。
今回はかなりヤバかったー。すごいマニアックw

「なんでも聞き出しまっせ!」
元西塚厩舎、現在は尾関厩舎で調教助手をされている
西塚さんのインタビュー形式の連載記事です。

ゲストにはテレビ、雑誌ではクローズアップされにくい(すいません)
ジョッキーや厩舎スタッフがフィーチャーされて
ウラ話バカ話w
でもたまにすごいいい話があったり。

毎週木曜夜に更新されるのですが
今週からの連載は、ものすごいまじめで、ためになる話。



ゲストは馴致・育成を手がけている民間の牧場長で、
話題の中心は調教の方法と効果。
そしてキーワードは「調馬索(ちょうばさく)」。

現場では「ロンギ」と呼ばれている、その調馬索を利用して
そのウマの、からだの使い方の矯正とともに
人馬のコミュニケーションをどう組み立てていくか、という内容です。

が、ここでどこまで書きましょうかねw
直接読むのが何よりと思いますので。

ウマの特性を利用した調教手法とその工夫のベクトルが
垣間見えて、とってもステキでした。

勝ち負けの以前に、こうした経験の積み上げで
一頭一頭の競走馬をはぐくんでいくんだなあ、と
感じ入っております。




一方、オーストラリアでは競馬会が回数制限のルールを導入したため
ジョッキーがストライキをしているそうです。

レース中のムチの使用回数を
動物愛護の象徴として議論してしまう
ある種のナンセンスさとは
えらいコントラストがありますね。

物理的な痛みや精神的な圧迫感が
必要な程度と必要な文脈の中にあるとき、それは愛護でありうると考えます。
その境目は、表面的に、素人判断で
簡単にやっつけられるものではないでしょう。



…あー、そんなに重たいコラムではないんですよw
調馬索は極端な痛みを加えるものではないですし。

勝手に、競走馬の背景に常につきまとうテーマに
感じ入っているところなのです。

競走馬が競走馬であるための大事な馴致=しつけ。
現場ではどんな程度と文脈をもって臨んでいるのか。

連載、来週以降も期待です。



2009.08.15


サラブレの記事、最近充実してる印象です。

オールウェザーの話を書きはしますが、いまいま最新の9月号は
その他にもいろいろ。

「アイルランド」というくくりで特集を組んで、その目玉として
A・オブライエンへのインタビューしたり(これ珍しいっすよね)、
このタイミングでブエナビスタの手ごたえを調教師に取材するなど
なかなかささる記事が多かったです。

あんまり書くとネタバレになるので
さくっと触れておきますね。
(買いましょう、というところ。あー、立ち読みは出来るかー)




記事は、栗東DWにオールウェザーの調教コースが出来ることと
先行導入した美浦の取材を織り交ぜた分析になっていました。

気になったのは美浦ではトウショウナイトの事故以降
使用を避ける傾向が出てきているらしい点。

まさか関係者の間でウワサがウワサを呼んで
オールウェザー拒絶反応とかになってやしないかな、と。
無駄に心配するわけです。縁起とか、かねぇ。。。

水はけがよく故障率が低い、という当初からの特徴には
変わりないのでしょうから
他のコースとの使い分けひとつ、ですよね?
どの陣営にもそうあってほしいと思いますが。さて。



また、オールウェザーの素材の思わぬ弱点(なるほどびっくり)や、
いまいまメンテナンスの実態について
実担当者のコメントを交えつつ紹介しています。
そのあたりは実際の記事にゆずりますね。

栗東コースもしばらくは手探りになるんだろうな、という
メッセージは十分伝わりました。



で、一点だけ。
記事の締めが、この春に関東からG1馬が2頭出たという事実と
美浦が先行導入したオールウェザーの効果を結びつけるような感じでしたが
キッツはばりばり栗東留学してましたよね。。。
ちょこっと脇が甘めだったのが惜しい感じでした。

いや、重箱の隅、ですね。
取材にも記事にも、骨太感があってよかったです。



2009.08.09

いやー、びっくりしました!

前回のエントリーを書いている最中に
結果のニュースを見つけて、おぉー!!とうなっておりました。

「2009アジアヤングガンズチャレンジ」という若手騎手の招待イベント。
日本でいったら、12月に開催するWSJSですね。
3レースの着順ををポイント制にして順位を競った結果、
日本代表の藤岡康太が見事優勝。

うち1レースは出走取消だったようで
余計に価値がありますね。

JRAはこういう映像を押さえておいてほしいのになぁ。
観たいですねー。

主催者側のリリースはこちら。
http://www.melbournecup.com/melbourne-cup-carnival/racing-information-news-detail.asp?newsID=578


タイトルはもう、何クルーズでしょうかねw
写真もほかにいい表情してるのがあるだろうよ、とか。
まぁ、リリースへのツッコミどころはあるにせよ、結果には違いなく。
なにやら今年はびっくりさせてくれるジョッキーですね。

*この記事をポストした直後にJRAのサイトを見たところ
出走取消の際は4着よりも多いポイントがはいっているという。
タナボタ?いやいや、運も実力のうち。びっくりには違いないですし。
全然、胸を張っていいと思いますよ。
ただ、このルールは再検討されそうな予感がしていますがw





最後に、フレミントンのHPについて。
上記のページを見つけたついでにサイトを見て回ったのですが
いや、お洒落なサイトですね。一度行ってみたくなります。

文化の違いか、目指すところの違いか。
こうしたプロモーションは、どうも日本ではスマートでない印象で。
うらやましさを覚えます。


2009.07.28


けっこう前から観ています。

爪の先まで武豊ファン、というわけではありませんが
当代一のジョッキーがレース中に注目していた点を
自身で解説するわけですから、そりゃ参考になります。

ウマ一頭分内のポジションだったことがどれだけプラスに働くのか。
仕掛けどころの不利を早めに回避するために打っておく対策は。
どんな状況だとリカバリーが難しいのか。
正直、アンチの方にも参考になると思いますよ。



「Ⅱ」になってから司会が福原さんに変わったのが
個人的にステキなところ。
遠慮しつつ遠慮しつつ「こういうときは…」とファン目線のいいポイントを
質問してくれていると思います。
返ってくる答えは必ずしも明快でなくていいんですよ。
言いにくい事が言いにくいんだとわかるだけでも十分伝わりますから。



自分はオンデマンド配信で観ています。
有料放送の番組ですし、続いてほしい希望もありますので
支払うべきものは支払って、という感じ。
ですので、見たい回だけ購入しています。
携帯で支払いができる敷居の低さに上手だなぁと感じ入りつつ、ですね。



本放送は宝塚記念まで進んでいますが
オンデマンド配信は若干のタイムラグがあるため安田記念の解説まで。
ただしゲストが横山典弘。おぉ。初共演だそうです。

ネタばれはまずいので詳細は避けますが
二人のダービー解説は見ごたえありました。
横山がタッチペンを使って解説している!ステキ!



番宣をしたいわけではないのですが(してるかw)
生きものとしての競走馬との距離が遠い立場からすると
レースの見方がずいぶんポジティブに変わるきっかけになっています。


あとは福原さん、もう少し鋭くつっこんでいいですよw



2009.07.14



すみません。率直な感想。
デザインは前のほうがいいですw

馴染んでたせいですかね。
でもヘッダ部分から白地にしたことと、FLASHエリアを広く取ったこと、
そして相対的に「ニュース」など項目タイトルのグリーンが強く目に入ることで、
テキスト(新着ニュースとか)の内容が見づらくなっちゃった印象です。

TOPではまず、新着ニュースが見たいんですよねw
見もふたもない意見でしょうか。むむー。




ただ左サイドナビゲーションの項目がカスタマイズ可能に。おぉ。
JRAサイト内のリンクをオリジナルに並べられるようになっています。

使っていくうちに変わるとは思いますが
さっそくこんな並びにしてみました。

----
出馬表
レース結果
特別レース登録馬
レーティング&ランキング
競走馬検索
レース成績データ
騎手・調教師データ
海外競馬レポート
ビデオギャラリー
競走馬登録/抹消一覧
----


若干、カスタマイズメニューの質感が
往年のベストテンみたいな感じもw

もちろん情報の優先順位はその人によりけりですので、
セレクトできるのはよいですねー。