2018.02.12


オウケンムーンが抜け出しました。

確たる馬がいないなぁと思っていましたが、馬場を観てパドックを観て、さらに迷うことになりました。前夜の雨で多少渋った馬場、内から乾いていくこれまでの傾向から、外差しを避けるイメージができていました。そしてコスモイグナーツの逃げ、過去2戦からして突っ込んだハイペースはないと予想し、好位で立ち回れる脚質にアドバンテージをみての本命アメリカンワールド。…ねぇ。

道中アメリカンワールドとほぼ同じ位置にオウケンムーンとサトノソルタスがいましたからね。展開とポジションを読んで、馬券につながらないまずいケースになりました。ステイフーリッシュ、グレイルを下げたところまではよかったんですけどね。


公式レースラップです。
12.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.6

ちょっとパワーの要る馬場だと感じていました。しっかり加速して残り1ハロンを粘りこめる血統背景、と考えると、トニービンはいいですよねー。白いシャドーロールのせいか、リプレイを観ながらオフサイドトラップまで記憶から呼び起こす感覚。本命の決め方を誤りましたね。

直線までうまく内にこだわる北村の判断のよさはありつつ、展開はシンプルでしたので、次走が試金石になるでしょうか。ダービートライアルで好走するイメージなら容易かなと思いますが、中山2000はどうでしょう。成長途上の馬体に細かい立ち回りを求めるレースを選ぶのか、レース選択が注目かなと思っています。

父オウケンブルースリ、ジャングルポケットの荒々しさとはちょっと異なるイメージでしたが、ムーンのちょっと頭の高い走法はブルースリと近しいようにも。昨年は種付け1頭との報道を目にしましたので、これで少し増えてくれるといいですね。


大外から差しに回る3歳春のハーツクライ、近年の府中ではなかなか難しいなぁと思っていました。グレイルの馬体、パドックではよく見えましたよ。いまじゃない、と自分に言い聞かせて評価を下げた次第です。個人的には父と同じステップで皐月賞をパスするのが得策のように思っています。

そうすると同じハーツのゴーフォーザサミットの末脚はどうするんだ、という話ですよね。個体が違いますから傾向だけでは語り尽くせないと屁理屈をこねつつw こちらの方が父の3歳春そっくりと思って観ていました。スタートから下げて内、という田辺の策も嵌っていましたね。先週の東京新聞杯でいうサトノアレスだと思っています。…そっか、リスグラシューを選び取る感覚があればオウケンムーン本命も可能だったかな。

ステイフーリッシュは少し陣営の気合が移り過ぎたか、腹回りがギリギリという見栄えでした。小さめの馬体にマイナス12kgですから、パワーの要る馬場では差し切るには至らなかったという見立てです。

エイムアンドエイド、というよりミナリクの強いマインドがスタートからの先手争いではっきり見えましたね。コスモイグナーツとの雁行、結構長かった。おそらくは控える選択肢をもちながらの主張。最後3着まで残しましたから、ペース判断も外れていなかったでしょう。日本のレースの特徴に慣れるのは早いかもしれませんね。


アメリカンワールド本命の反省をしなければ。馬体は立派でしたし成長途上なりに仕上がっていましたし、決してスプリントしかないという馬格や筋肉でもないと思っているのですが、パドックでは幼い面を出していましたね。チャカチャカと小脚を見せたり、引き手を頼る仕草をみせたり。このあたりに目をつぶっての本命視でした。

気性面はレース運びに影響なかったと思いますが、未勝利のラップを考慮するともう少し軽い馬場の方がよいのかな。キトゥンズジョイの筋肉質は、パワーを持続する馬場での末脚持続には不向きだったと受け取っています。好素材には違いないでしょうから、次で巻き返してほしいなぁ。…いずれは距離短縮してくるかもしれません。



京都記念も少々。クリンチャーでしたかー。

公式レースラップはこちら。
12.5-11.5-13.3-13.0-12.7-12.6-12.2-12.2-12.2-11.8-12.3

クリンチャーが押し切ったということと同じくらい、藤岡佑介の先行策が勝ったという印象です。スタートからしばらく、強い加速を求めないニュートラルな先行策。1コーナーで4番手に収まっていますが、プッシュして出していないあたりに上手さを感じます。

4コーナー手前、外からレイデオロがポジションを求めに行ったあたりも「静」を貫いていました。直線入口でぽっかり進路が開けているのもこの賜物と思います。先行馬が「差し」ましたからね。この

藤岡佑介、年末のガンコあたりから気にしていましたが(今日もガンコで勝ってますね)、佐藤哲三のコラムでも近々の騎乗が評価がされていました。アーネストリーを勝たせるイメージについてふたりが話している記事を見た記憶があります(おそらくnetkeiba)がそういえば同じ勝負服ですね。道中の追走に無理がないのだと理解していますが、先行させたらこわいジョッキーになっています。重賞制覇はここのところの変化の、ひとつの結実であるのでしょう。


レイデオロはなんとかまとめた3着という感想。スローの向こう正面で控えない判断、バルジューの攻めの姿勢は乗り替わりを考慮すれば評価してよいのかもしれませんが…。スタートで後手を踏んだことで立ち回りが難しくなってしまった、…という点は前走でも同じですね。

新馬戦以来の重馬場、決して上手でないスタート、ひとつ外に先行するクロコスミア岩田。スタートで後手を踏み、序盤でアドバンテージを取れない条件は揃っていたと理解しています。それを踏まえると悲観する内容ではなかったかな。

2年連続でダービー馬が敗退。京都の重馬場で末を失い粘り切れない、という事実は、ダービーがあらゆる条件を包括したチャンピオンを輩出する舞台ではないことを物語っていますね。…それも普通と捉えればよいのか。甲子園優勝とプロ野球日本一は必ずしも直結しませんしね。例えが微妙かもですが。

チャンピオン引退後は後釜探しという発想になりがちですが、キタサンブラックとの比較はちょっと酷でしょう。そりゃあ気持ちはよくわかりますけれども、だいぶタイプが異なりますしね。

主戦が鞍上に帰ってくるでしょうし(京都のパドックにいたみたいですね)、できればシーマクラシックに行ってほしいですねー。今日よりはメイダンの方が合っていると思っています。


ディアドラを買って観ていましたが、この状況で差せないとは。ちょっと厳しい結果になりました。3コーナー、登坂時に置かれているんですよね。悪いポジショニングではない分、末脚を伸ばすには馬場を叩くパワーに欠けた、という評価でよいのかな。体調がガタッと来なければ、次走もう一度見直したいと思っています。



最後に。

東京最終、ライアン・ムーアが休み明けのランガディアをゴールへねじ込んでいきました。その横で6着だったレッドアフレイム、14番人気を武藤雅がそつなく先行させていました。おそらく控える戦略を取っていたら、人気相応に着順を下げていたと思われます。もしあのポジショニングでそのまま力のある馬だったら、と期待をもたせる騎乗ぶり。好感を覚えました。

土曜に31勝目を挙げて、G1へのエントリーが可能になっています。さすがに直近のフェブラリーSは間に合わないでしょうが、春のG1参戦、楽しみになりました。

関連記事