2017.05.28


土曜は職場の皆さまと府中に繰り出しておりました。

とはいえ自分は豪快に寝てしまっていてメインにギリギリ間に合ったんですけどね。エイシンバッケンからの馬連を少々と、東京スプリントで応援できなかったキタサンサジンのがんばれ馬券を購入、なんとかプラスにはできました。

最終のコパノアラジンはスタンドが沸きましたねー。前日までの雨を含んだままのダートを、藤田菜七子がしっかり主張して逃げ切りました。エイシンバッケンが格別に切れるだけで、基本は前々でした。

一方、芝のレースは行きがけの京王線でチェック。8枠ばかり勝っていました。ポイントは稍重の状況で午前中のレースを迎えたこと。どうやら乾き切らずにレースが進んだ模様です。

これは主観的なものになりますが、スタンドでの観戦中に風が吹くと、湿気のこもった空気が草のにおいをはらんでまとわりついてくる感覚がありまして。最終前でその感じでしたから、乾いてなかったんでしょうね。Racing Viewer の映像ではコースの場所を問わず、内側が掘れる画を確認しています。

とはいえ、日曜の日中に陽射しがでればパパッと乾いていく可能性もあり。引き続き馬場コンディションの動向は悩ましく向かい合うことになりますね。

レース後は府中駅近辺に移動、ダービー展望をしつつ前夜祭になりました。楽しいものですねぇ、途中から予想の根拠とかグダグダになりましたけどw 当てたーい、外したくなーい、という発言だらけの一団を見かけた方、大変申し訳ありませんw


木曜の枠順発表からこちら、ジャングルポケット以降勝利のない大外枠を克服できるのか、というテーマが脳内をずっと駆け巡っております。最終的には馬場コンディションに左右されるわけですが、枠順見たらそりゃあ考えちゃうじゃないですか。

グレースアドマイヤ、フサイチコンコルド、シンボリクリスエス。母系のキーになる馬の話は青葉賞の時に書き散らしておりますので、そちらをご覧いただければ。
more than a DECADE 青葉賞

はい、3連勝の内容の濃さからアドミラブルを買いたい自分と、近々のダービーの定石がばっちり葛藤を生んでおります。おそらく1番人気ながら4倍台という異例はその表れなのでしょう。あー、青葉賞馬のダービー制覇がないことの方が影響しているでしょうか。喘鳴症を克服して3連勝でダービーに間に合った時点でもはや「異例」ですからね。これまでのセオリーで端的に結論付けずにばっちり悩むことのほうがこのダービーを堪能するポイントのようにも思っています。


トラスト、マイスタイル、クリンチャー、このあたりが前々を狙いそうですが、ベストアプローチやアメリカズカップもスタート次第でポジションを取りにいくかもしれません。逃げなければいけないタイプはいないように見受けられますが、いずれがハナにいっても早めにペースを上げて粘りこみを狙うことになるのかなと思っています。力が足りなければ4コーナーでグッと馬群が凝縮するでしょうね。

皐月賞4着したことでクリンチャーが穴人気になっているようですが、どうでしょう。上位に食い込むとしたらディープブリランテの際のトーセンホマレボシのイメージが近いように感じますが、ちょっとタイプが違うような。トーセンは京都新聞杯を2番手から押し切ってレコード勝ちですからね。

アドミラブル、普通にスタートを出た場合は中団までプッシュしていくイメージでおります。鞍上ミルコもヴィクトワールピサのドバイのようにはしないでしょう。7枠14番だったドゥラメンテのポジショニングなら、という願望をもっているところ。直線に向いたときの位置がドゥラメンテとほぼ同じなら行けるんじゃないかと。…いやぁやっぱり願望かなw

アドミラブルを除くなら、アルアインかサトノアーサーかな。アルアインは明らかに超回復で馬体がパンプアップしていますね。鞍上のキャリアから人気が上がっていないのかな、侮れないと思いますよ、皐月賞馬。一方のサトノアーサーは切れ味だけなら1番だと思います、が、毎日杯の道中の折り合いがどうも気になっていまして。最後方でなお口を割っていましたからね。上がり最速を計時しながらどこまで詰められるか、というイメージのほうが強いです。

ペルシアンナイトの可能性も考えてはいます。皐月賞も相当変則的なレースの進め方をしていましたし、シンザン記念の馬場をノーカウントにすればソウルスターリングに負けただけで皐月賞まで来ましたからね。ただ、ダービーのキーワード「継続騎乗」はけっこう重たいデータと思っていまして。

スワーヴリチャードとレイデオロは、どうもアタマに推し辛いんですよね。スワーヴは皐月賞の1コーナーまで結構プッシュしていた割に先行のポジションを確保できず。強みを活かすには結構思い切った乗り方が必要になるイメージがあります。枠は最高なのですけどね。

一方のレイデオロはフォームが何とも。ストライドが伸びず、かといって他馬を凌駕するピッチでもない印象があり。ルメールのコメント通り、仕上がりも東京替わりも距離延長もよいとは思うのですが、このメンバー相手に勝ち切れるかは…。まだ見せていない末脚の持続力に期待するような買い方しかないような。追い切り後のルメールのインタビュー、昨年のよい緊張感とは異なるリラックスした表情はなにやら色気の少なさのようにも映っております。


…つらつらと書いてしまいましたが、結局パドックで感じた充実感などを手応えに、評価の補正をして予想を決めることになりそうです。「後悔したくない」という後ろ向きな動機ではなく、前向きな確信で本命をまとめたいですね。

いやーでもたぶんアドミラブルw

関連記事