2017.08.20


もう一週間以上経っていますが、人生初のダイヤモンドターンに行ってまいりました。

大井も数限りなく訪れていますが、ビュッフェスタイルな競馬は1度も経験がなく。「ブルジョアめ!」的な謎の拒絶反応などはなく、単に現地での自分の動き方に起因すると思われます。大抵はパドック、返し馬、購入、レース、これを自分のタイミングで切り替えながらローテしていますから、あまりカウンター席から俯瞰して、というリズムをもっていないんですよね。

今回は先日の北海道に一緒しなかった分、奥さんを連れていこうと思い立ちまして。オレ得とか言わないでくださいねw タイフェスもあるし食べるのは好きなのでじゃあ行ってみるか、と腰をあげた次第です。結構行き当たりばったりだったんですけどね。

そんな流れなので、いつものリズムで予想することは100%割り切って、いわゆるリゾート感覚?で臨んでみました。


いったんダイヤモンドターンに入場し、席とシステムを理解してから、いったん外へ。タイフェスの屋台で辛くないであろうご飯ものを注文し、並んでいるベンチでちょっと遅めの昼ご飯にしました。このあたりは奥さんの優先順位に沿う形で。その間に1レース終わってますからね。見すると決めるわけでもなく、目の前のレースを完全スルーする違和感を多分に感じておりましたね。

外れた理由をお酒のせいにしたくなくて、競馬場ではめったにアルコールも取らないのですが、いい意味で割り切っていますからね、ご飯した後にシンハービールを注文して芝生に座り、もう1レースを眺める感じ。いやー、予想をしないと時間がのんびり流れます。

ベビーカーおしていらっしゃる方、すでに出来上がっていていいテンションな20代前半と思しき一行、いずれも馬場読みという用語も耳にしたことがないかも、という皆さんが馬券を買ってご飯しながら飲みながらワイワイやっていました。いまではありふれた光景なのでしょうが、だいぶ変わったなーという感慨と、この取り組み方のほうがきっと一般的で健全なのだなーなどと観察しておりました。

競馬場は必ずしも競馬を目的に集まる場所、ではなくなりつつあるのでしょうね。そういう層はパソコンやスマートフォンの投票画面に集っているのでしょうから。曜日や時間帯に合わせて、主なターゲットになるライトユーザーが退屈せずに滞在できる場所。飲んで食べてイベントがあって子どもが遊べて、そこで馬も走っている、くらいがちょうどよいのでしょう。以前からの戦略でもあるのでしょうが、ここのところはより明確に集客に表れているように感じました。


ステージではヒーローショーの司会のお姉さんが後ろから敵に襲われていましたw ショーの冒頭、お姉さんは気づかずにナレーションを続けているわけですね。そうするとちびっこが「うしろ!うしろ!」ってwww …えー、半世紀近く前にですね、「志村、うしろ!」っていう台詞が流行りましてですねw プロットが変わっていないんだなーなどと奥さんとステージから少し離れたところで爆笑しておりました。案の定お姉さんはさらわれておりましたよw

…こじれたベテランファンはこれらを邪魔しないように、でも変に遠慮はしなくていいよね、くらいがちょうどいいのでしょうね。競馬がたくさんのひとの話題になり続ける仕掛けつくりはきっと順調なのでしょう。


行き当たりばったりの流れでしたので、野馬追が見られたのは本当に偶然。残り200m あたりで見ていたのですが、迫力がありましたね。バリアゲートなんて言葉もない時代からの競べ馬ですから、趣はだいぶ異なりました。周囲にちびっこがおりましたが身を乗り出して観戦していました。これ以上乗り出したら危ない&ちょっと邪魔、と思いながらでしたけどね。


ダイヤモンドターンは快適でした。基本は数名でひとつのテーブルを囲む形ですが、カウンター席も設けられていて1~2名でも全然違和感なし。1席ひとつモニターつきでした(オッズと映像を切り替えられるとベターですね)。各料理も途切れることない贅沢さ。

タイムサービスもありましたね。券売機近くにだんだん列ができ始めて、これがその場でカットするローストビーフ待ちとわかった途端、動きましたよ奥さんがw いやこれがおいしかった。とりあえず本人は満足したようで、よかったです。


いちおう馬券は買っていまして、中穴くらいかな、バナナボーイという馬を笹川がうまく持ってきてくれました。その後、ローストビーフを抱えた奥さんが行列のあちこちで「バナナボーイが。。。」「バナナボーイにやられた」と噂していたとw そもそもが何ともいえない語感ですしねw これもまた現地の空気ならではの笑い話になりました。


黒潮盃はブラウンレガートの圧勝。的場文男の4コーナー、2頭の間を割って出る様はさすが。好位の内をキープしての突き放しですから、他馬には抗するチャンスがほぼありませんでしたね。強かった。改めて、ヒガシウィルウィンの強さも引き立った格好。エピカリス含め、JBCクラシックに揃うようなら。楽しみですねー。

東海のドリームズラインに期待してみましたが、さすがに厳しかった。父同士は宝塚記念で当たっていますからね。そんな因縁を絡めて買ってみるのも楽しみ方、といいますか、シンハービールが残っていたせいかな。ドリームジャーニー、単勝で仕留めた思い出の分、負けてしまったようです。



最後に。

ブログの更新はゆったり目になっていますが、競馬はバリバリ観ています。G3っぽい札幌記念はサクラメガワンダーに重なるようなサクラアンプルールでしたが、北九州記念と合わせて人気薄のナリタを拾い損ねておりまして、正直厳しいなーwなどと地団駄踏んでおります。

アロゲートは全力を出す素振りのない2着でしたし、ウィンクスは絶望的な出遅れから力の差で差し切りましたし(Winx Official でインスタがあるんですね)、恒例のモレイラ祭りにはちょっと便乗していますし。ブレイブスマッシュやトーセンスターダムの豪州の検討も確認しています。

やっぱり反射的に思ったことをテキスト化するのが不慣れなのでしょうね。Twitter もRTやいいねを押すくらいがしっくりきています。でも書きたいときはあるんですよねー。ある程度の習慣化はさせておきたいと思いつつ、リズムの作り方はまだ試行錯誤中です。


関連記事